2009年11月30日

[12/1 名古屋] 世界エイズデー パレード&追悼集会

(以下転送)------------------------------------------

転送歓迎  12月1日は世界エイズデー
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
世界エイズデー パレード&追悼集会
    あつまる つながる 一緒に歩き出そう
  >> 12月1日(火) @名古屋・栄 <<
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 愛知県内では年間に100人以上の方のHIV新規感染・エイズ患者が
 報告されています。つまり、3日に1人。
 現在、性的接触による感染が一番多く、新規感染者では、20〜30歳代
 が一番多いのです。

 つまり、HIVとエイズは私達たち若者の問題なのです。


 予防啓発のキャンペーンと追悼集会を通じ、私たち一人ひとりがHIVと
 エイズが身近な問題であることを感じ、そして、そのことを多くの
 方に伝えたい・・・
 そんな思いで、今年も世界エイズデーにパレードを行ないます。

 若者も、大人も、どなたでも、当日参加することができます。

■日程  2009年12月1日(火) 18:30〜20:30
■場所  栄広場(名古屋市・栄 三越北側)
■内容
   18:00〜 参加受付開始
   18:30〜 集会(演奏など)
   19:00〜 パレード(大津通をパルコまで南進→久屋大通を北進)
   20:00〜 追悼集会
   HIVとエイズについてのポスター展示なども予定

■mixiコミュに参加して、12月1日は栄へ!
   http://www.wadsjapan.net/wadsaichi.php
   http://mixi.jp/view_community.pl?id=1451906

■誰がやっているの?
 WADN(ワールドエイズデー in Nagoya)2009実行委員会が主催。
 WADNとは、名古屋周辺で活動するNGOが集まって作った実行委員会で
 エイズデーに向けた活動を行っています。

■wAdsとは
 World AIDS Day Series 2009の略。若者から日本のHIVとエイズを
 めぐる状況を変えるために行なわれる全国キャンペーン。
 全国各地の学生や若者の団体が参加・連携しています。
  http://www.wadsjapan.net/

■共催団体(順不同)
 ANGEL LIFE NAGOYA  AGP  TAT  国連WFP協会なごや
 マイペンライ・きほんの樹  アフリカ支援 アサンテ 名古屋
 JHC中部  いのちと性を伝える出前講座 はぐ  ピアっ子あいち
 愛知“人間と性”教育研究協議会  wAds2009実行委員会
 L&C  HIV予防啓発団体 IBD  2in20 nagoya

■参考
アイチエイズインフォメーション
  http://www.pref.aichi.jp/kenkotaisaku/aids/
wAds2009実行委員会
  http://www.wadsjapan.net/
posted by I-cuber at 09:50 | イベント

[12/02 横浜] 社会福祉施設長等サービス管理研修会高齢者支援コース

(以下転送です)----------------------------------------------

【平成21年度 社会福祉施設長等サービス管理研修会高齢者支援コース(第2回)】

●日程:2009年12月2日(水)13:00〜4日(金)11:40
●会場: 新横浜プリンスホテル 4階「若菜」(横浜市港北区)
●参加費:25,000円
●主な内容:講義「認知症対策・高齢者虐待防止対策の現状と課題」
      講義「新型インフルエンザとは何か
         〜福祉・介護施設、事業所における対応と留意点〜」
      講義「認知症の理解と援助
         〜福祉・介護専門職に必要な医療知識とケアの視点〜」
      実践報告「『その人らしく生きる』を支えるために
       〜包括的サービス実践からこれからの地域と施設のあり方を考える〜」
      特別講義「お客様に夢を、社員に夢を、地域に夢を
           〜『心の自由劇場』上松屋旅館の実践に学ぶ〜」
●主な講師:田仲教泰さん(厚生労働省老健局高齢者支援課
             認知症・虐待防止対策推進室室長補佐)
      坂本史衣さん(聖路加国際病院医療安全管理室
             インフェクション・コントロール・プラクティショナー)
      杉山孝博さん(川崎幸クリニック院長)
      小山剛さん(高齢者総合ケアセンターこぶし園総合施設長)
      安倍信一さん(北海道・美瑛慈光園施設長)
      党一浩さん(福岡県・小規模多機能施設めおといわ「ゆい」管理者)
      倉沢章さん(信州別所温泉上松屋旅館 代表取締役社長)
●定員:200人
●申し込み締め切り:11月24日(火)
          締切日にかかわらず、随時申込みをお受けいたしますので
          お気軽にお問い合わせください。
          たくさんのご参加をお待ちしています。
●申し込み、問い合わせ:社会福祉法人 全国社会福祉協議会 中央福祉学院
            〒240-0197神奈川県三浦郡葉山町上山口1560
            TEL:046-858-1355 FAX:046-858-1356
posted by I-cuber at 09:49 | イベント

[12/05-06 関西大] 第3回21世紀統合医療フォーラム

(以下転送です)----------------------------------------------

12/5(土)、6(日)
第3回21世紀統合医療フォーラム
 http://east-westdialogue.org/09forum_index.htm

5日、6日とも、心身医学とソマティクス、ボディワークの専門家が一堂に集い、す
べてのシンポジウム、ワークショップが充実した内容になっております。
また、今回は何と参加費無料ですので、ご関心のおありの方々にもご案内頂けますと
幸いです。
posted by I-cuber at 09:48 | イベント

[12/5 東京] 医療における意思決定支援”セミナーのご案内

(以下転送)------------------------------------------

第6回 医療コーディネーターと患者から学ぶ
     ”医療における意思決定支援”セミナーのご案内
 http://blog.rakkan.net/2009/09/6-2.html

このセミナーは、医療コーディネーターのエッセンスである
「患者の納得のいく意思決定支援」を学ぶものです。

実際の事例を元にした参加型の形式であり、実践に生かせる
内容となっております。また、医療を受ける立場(患者さん
やそのご家族)の方々の忌憚のない意見を聞く機会も設けて
おり、当事者の視点に根差したものとなっております。

以下詳細です。転載は自由です。

≪セミナースケジュール≫

12/5(土)  10:00 - 16:30

10:00-11:00 患者が悩む意思決定ベスト5

 『もっといい治療はないか?』
 『私が受けたい治療に家族が反対している』
 『医者に、どの治療法が良いか、と聞かれたが決められない』
 『そもそも西洋医学だけで良いのか、と思っている』
 『突然のことでパニックになり、どうしたら良いかわからない』

 以上の事例を紹介し、患者になると何に不安や悩みを持つのか説明する。

11:00-11:30 意思決定支援の価値と具体的な流れ

 意思決定支援の具体的な流れと実例紹介

11:30-12:30 昼食

12:30-14:30 ロールプレイ#1

 医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

14:30-14:45 休憩

14:45-16:15 ロールプレイ#2

 医療コーディネーターの事例を実際にロールプレイします

16:15-16:30 振り返り


【講師】
岩本ゆり
医療コーディネーターの草分けとして2003年の開業以来、
現在までに300件以上の相談を受けている。
NPO法人楽患ねっと副理事長、楽患ナース株式会社取締役、
日本看護協会広報委員、2007年フジサンケイ大和証券グルー
プ女性起業家コンテスト優秀賞

患者・遺族数名
患者会関係者など多くの患者の代弁者となれる方々

岩本貴
NPO法人楽患ねっと理事長。医療コーディネーターが受け
た600例以上の医療相談から整理・体系化したノウハウを
伝えます。

【参加資格】
看護師およびケアに関わる人

【費用】
8,400円 (事前振込)

【場所】
東京都 北千住駅近辺を予定

【申込期限】
11月28日(土)
(人数の関係でお断りする場合がございます。早目のご連絡
をお願い致します。)

【申し込み先】
info@rnurse.jp

下記内容を記入のうえお申し込みください。
1.氏名
2.住所
3.電話
4.職業
5.所属


【運営】NPO法人楽患ねっと
【事務局】楽患ナース株式会社

******************************************************
NPO法人 楽患ねっと  副理事長 岩本ゆり
   www.rakkan.net yuri@rakkan.net
******************************************************
posted by I-cuber at 09:47 | イベント

[1/15 北大] 前沢政次北大教授最終講義のご案内

(以下転送)------------------------------------------

医療システム学分野 前沢政次教授 最終講義のご案内

 北海道大学大学院医学研究科医療システム学分野 前沢政次教授は、平成22年3
月31日をもって定年退職をされます。
 つきましては、以下のように最終講義・シンポジウムを企画しましたので、多数の
ご参加をお待ちしています。


日時  平成22年1月15日(金)
13時00分〜16時30分

場所  北海道大学医学部 臨床大講堂

プログラム内容

13時00分〜14時30分
シンポジウム  テーマ 「地域医療の課題」
シンポジスト(予定)
増田 進 先生(元沢内村国保病院院長)
鎌田 實 先生(諏訪中央病院名誉院長)

14時45分〜16時00分
最終講義  テーマ 「地域協働型プライマリ・ケア」

16時00分〜16時30分
記念式典


*なお、プログラム終了後に祝賀会を予定しております。ご参加を御検討いただける方
は別途ご連絡下さい。詳細をご案内申し上げます。

                       以上
posted by I-cuber at 09:46 | イベント

2009年11月25日

[11/29 大阪] 第39回日本医事法学会総会

(以下転送です)----------------------------------------------

11月29日(日) 大阪
第39回日本医事法学会総会
日時 2009年11月29日(日)
場所 大阪大学医学部講堂(※場所は,銀杏会館に変更の可能性あり)
〒565-0871大阪府吹田市山田丘2-2(大阪大学 吹田キャンパス)
参加費 非会員の場合,3000円(学生証提示者は1500円)
[連絡担当:岡村]TEL:06-6879-3112 FAX:06-6879-3119
(協力:「医療と法」関西フォーラム)
プログラム
9:30-10:00:総会
10:00-10:40:個別報告
10:45-12:15:WS1「大野病院事件判決を読んで」
12:30-13:45:WS2「ヘルシンキ宣言の改訂にみるヒトを対象とした科学研究」

        (※WS2は、ランチョンセッションです)
14:00-18:00:シンポジウム「包括的な死因究明制度の確立をめざして」
posted by I-cuber at 09:22 | イベント

[11/28 東京] 医療安全推進週間シンポジウム

(以下転送です)----------------------------------------------

11月28日(土) 東京
医療安全推進週間シンポジウム
【日 時】2009年11月28日(土) 13:00開場  13:30開始 17:30終了
【申込み】事前申込制・無料(定員300名)
申込みはこちらを参照下さい→http://www.e-anzen.net/
【会 場】ベルサール飯田橋1Fホール
東京都千代田区飯田橋3-8-5住友不動産飯田橋駅前ビル1F
【主催】厚生労働省
【後援】読売新聞社
【プログラム】
●医療安全推進週間にあたって
厚生労働省医政局医療安全推進室
●パネル討議
第一部 国民の目から見た医療安全
第二部 徹底討論?医療事故調査のあり方を考える
コーディネーター?稲葉?一人(中京大学法科大学院教授)
パネリスト(五十音順)
加部 一彦(愛育病院新生児科部長)
木ノ元 直樹(木ノ元総合法律事務所)
鈴木 利廣(すずかけ法律事務所)
瀬尾 憲正(自治医科大学麻酔科集中医学講座教授)
高本 眞一(三井記念病院院長)
堤 晴彦(埼玉医科大学高度救命救急センター教授)
永井 裕之(医療の良心を守る市民の会代表)
埴岡 健一(日本医療政策機構理事)
posted by I-cuber at 09:21 | イベント

2009年11月23日

[11/29 東京] ほっと医療学会のご案内

(以下転送)-------------------------------------------------------------------------------

ほっと医療学会のお知らせ

このたび、Tomorrow Doctorsが主体となって、
「ほっと医療学会」を設立することにいたしました。

Tomorrow Doctorsのテーマである「ほっと医療、もっとみんな
で。」を実践するために、ネットワークとしてできること、そ
して今後目指していくものについて今一度見つめ直し、「ほっ
と医療」の将来像を模索します。

明日の医療のために各方面で活動しているさまざまな団体およ
び個人に発表していただき、活発に意見を交わしあうことで、
互いに高め合うとともに、より「ほっと医療」の中身を充実さ
せていく機会にさせていただく所存です。

【日時】2009年11月29日(日)
【会場】慶應義塾大学信濃町キャンパス東校舎
【時間】12時半開場 13時開始
【申込】下記のURLより(携帯からアクセスできます)
http://spreadsheets.google.com/viewform?formkey=dFplVnFiTWQ1X0U3UWg0RHdqaEs2NWc6MA
【演題】
@Ochas
(お茶の水女子大学サークル)
http://ochashp.web.fc2.com/
AAGC
(農的若者交流会 Agriconnecture)
http://ameblo.jp/hackenhof/entry-10225956785.html
B医師のキャリアパスを考える医学生の会
(全国の医学生ネットワーク)
http://students.umin.jp/
Cムラアカリをゆく
(日本一周で感じた限界集落)
http://murakari.com/
D医っQ
(日本の医療を救うアクション)
http://medicalaction.tsukuba.ch/
Eアスパラガス
(筑波大学病院におけるアートワークショップ)
http://asp09.jugem.jp/
F医療360°
(医療/福祉のネットワーク)
http://医療360.jp/
Gぬいぐるみ病院 「敏感期における子どもへの健康教育」
H彦根市立病院 田村祐樹医師 「いのちのスープ」
posted by I-cuber at 17:20 | イベント

[11/30 東京] 内服薬処方せんの記載方法の在り方に関する検討会

(以下転送です)----------------------------------------------

第5回内服薬処方せんの記載方法の在り方に関する検討会を以下の通り開催いた
しますのでお知らせいたします。


1.日時:平成21年11月30日(月)17:00〜19:00
2.場所:厚生労働省 共用第8会議室
中央合同庁舎第5号館 6階(東京都千代田区霞が関1-2-2)
3.議題:内服薬処方せんの記載方法の在り方について
(当日は、内服薬処方せんの記載方法の在り方に関する検討会報告書案について、
御議論していただく予定です。)



傍聴のお申し込み、検討会メンバー等の詳細はホームページをご参照ください。

URL: http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/11/s1130-1.html
posted by I-cuber at 17:12 | イベント

[11/27 名古屋] 症例から学ぶHIV感染症診療のコツ

(以下転送です)----------------------------------------------

日本エイズ学会イブニングセミナー2
※本セッションは学会登録なしで参加できます

11月27日(金) 18:00〜20:00 第1会場(白鳥ホール北)
Improving the Management of HIV Diseases症例から学ぶHIV感染症診療のコツ
座長: 第一部 山元 泰之(東京医科大学病院臨床検査医学講座)
     第二部 青木 眞(感染症コンサルタント)
第一部 特別講演
USでのHIV感染症診療における課題
Ann M Khalsa(Centro de Salud Famillar La Fe C.A.R.E Center,Texas,US)

第二部 Interactive Session
症例から学ぶHIV感染症診療のコツ〜HIV感染症診療における課題
Ann M Khalsa(Centro de Salud Famillar La Fe C.A.R.E Center,Texas,US)

コメンテーター:
柳 秀高(東海大学医学部附属病院総合内科)
山元 泰之(東京医科大学病院臨床検査医学講座)
加藤哲朗(東京慈恵会医科大学感染制御部)

共催:グラクソ・スミスクライン株式会社
<案内状> http://glaxosmithkline.co.jp/medical/hiv_lib/seminar.html
posted by I-cuber at 17:11 | イベント

[11/28 名古屋] 地域におけるHIV感染症マネジメントセミナー

(以下転送です)----------------------------------------------

「地域におけるHIV感染症マネジメントセミナー」

11月28日(土) 17:00受付 17:15開始〜19:40終了予定

場所:中部ろうさい病院 講堂(2階)
名古屋市港区港明1丁目10番6号 TEL052(652)5511
(地下鉄名城線 港区役所駅 @出口より徒歩約10分)
http://www.chubuh.rofuku.go.jp/access/index.html

座長:青木眞(サクラ精機梶j・大曲貴夫(静岡県立がんセンター)

1)特別講義 Ann Khalsa
(Centro de Salud Famillar La Fe C.A.R.E Center,Texas,US)
(仮)Family Medicineの医師にとってのHIV感染症
2)東海地域におけるHIV感染拡大の現状
3)症例提示(静岡と愛知の症例)

17:15−19:40の予定です。

企画・協力 HIV Care Management Initiative-Japan
http://www.hivcare.jp/kotsu/index.html
posted by I-cuber at 17:11 | イベント

2009年11月20日

[12/13 東京] 医療法人、医師、歯科医師向け海外戦略セミナー開催

(以下転送)------------------------------------------

==============================
グローバル時代に成功する医業経営の海外戦略
  〜病院・診療所の海外開業と外国人患者受入れのノウハウ〜
==============================

病院、医院、歯科医院の海外開業や外国人患者の受け入れのためのメディカルツ
ーリズム等、積極的な海外戦略を展開する事例が増加しています。本セミナーで
は、このような時代に対応するために必要な2つのノウハウを提供いたします。
 1つ目は、世界各国で数々の実績を残している医療移転のコンサルタントを講師
に招き、海外開業・開院におけるメリットや注意点、実行プロセス等の海外開業
・開院に関わるノウハウを提供します。
 2つ目は民間病院で国際的な病院評価基準であるJCIの取得に中心的に関わった
医師を講師を招き、JCI認証取得のポイントや外国人患者受入れのポイント等の外
国人患者受入れに関わるノウハウを提供します。

ご興味がある方は、是非ご参加ください。

医業経営の海外戦略をテーマとしたセミナーでは日本初の試みとなります。

詳しくは⇒ http://www.iimss.com/seminar.htm

■開催場所・日時

  2009年12月13日(日)14:00〜
  会場:東京スタンダード会議室
  東京都中央区京橋2-8-20京橋ビル
  http://www.spaceuse.co.jp/access/index.html

■講演
  講演@「成功する法人・個人の海外開院」
    講師 潟Cンターナショナル・デザイン・ジャパン社長
                   Kerry K. Kawasaki 氏
           ホームページ:http://www.indeja.com/

  講演A「外国人患者獲得に向けたJCI認証取得」
    講師 泰達国際心血管病医院 院長補佐
                   兪 剛(ユウ ゴウ)氏
           ホームページ:http://www.tedaich.com/

■対象
  医療法人の経営に関わる方、医師、その他医療従事者、医療産業関連業者
 の方、海外開業に興味のある学生等(20人程度・先着順)


■本セミナーが提供する情報
  1. 本国における医療法人の経営状況に関する情報
  2. 医療法人、個人の海外開業事例
  3. 海外開業の基本事項(医療上の規制、経営環境、生活など)
  4. 海外開業を成功するための実行プロセス
  5. 海外開業パターン(個人開業、現地合弁法人設立など)
  6. 海外進出の経営サポートに関する情報
  7. 海外進出先の紹介
  8. JCI認証取得に関する情報
  9. JCI認証取得のメリット・デメリット
  10. JCI取得病院事例等の紹介


■参加申し込み
  参加は先着順となっておりますので、お早めにお申し込みください。
  参加申し込み⇒ http://www.iimss.com/seminar.htm

■主催団体
 【国際医療戦略研究センター】
   国際医療戦略研究センターは「医療業界にイノベーションを起こす」こ
   とをミッションとし、活動している有志ネットワークです。
   少子高齢化を向かえた日本において、今後も医療・医薬産業が世界トッ
   プクラスの医療サービスを提供していくためには、医療・医薬産業の
   「グローバル化」が至上命題となっており、私たちは医療・医薬産業の
   グローバル化のため、医療施設や医療周辺産業に対して、海外戦略に関
   する知見や実践ノウハウについて、調査報告書やセミナー開催、コンサ
   ルティング業務を通じて提供しています。

  代表:武藤和仁
  本部事務所:埼玉県本庄市児玉町児玉1464番地1
  東京事務所:東京都江戸川区中葛西4-16-14-203
  連絡先:TEL(代表):0495-73-1717
  TEL(直通):090-5834-2972
FAX:0495-72-1561
  E-mail: ims@balanceinternational.co.jp
  ホームページ:http://www.iimss.com/
posted by I-cuber at 15:09 | イベント

[12/12-13 東京] 『2009年度医学交流セミナー』『米国医学研修生選考会』

(以下転送です)----------------------------------------------


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本年度も皆様に大変ご好評いただいております、米国財団法人野口医学研究所主催
『2009年度医学交流セミナー』並びに『米国医学研修生選考会』を下記の通り、
開催いたします。

今回のセミナーは、新臨床研修制度が開始されて5年目を迎え、医療崩壊が騒がれて
いる昨今、プライマリーケア志向の医師でも、臓器専門医を目指す入りでも求められる
ジェネラルというコアの部分があるのではないかと考え、『ジェネラリストの育成について考
える』というテーマで開催いたします。
米国留学を考えている方に関わらず、考えていない方にとっても大変勉強になる内容
となっております。
是非、周りの方にもお声かけ頂き、積極的にご参加頂ければ幸いです。



記−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 米国財団法人野口医学研究所主催 医学交流セミナー2009

日時:
 ■医学交流セミナー   2009年12月12日(土)
 ■研修生選考会     2009年12月13日(日)

会場:東京医科歯科大学 湯島キャンパス 5号館4階講堂

当財団のホームページに詳細を掲載いたしましたのでご確認頂ければ幸いです。
医学交流セミナー案内 → http://www.noguchi-net.com/seminar/20091212.html


ホームページより申込用紙・グループセッション希望調査用紙をダウンロードし、メール
にてお申込下さい。

なお、セミナーの内容は一部変更になる場合もございます。
ホームページでは常に最新の情報を掲載いたしますので、随時ご確認いただければ幸いです。
posted by I-cuber at 15:08 | イベント

[2010/03/07-11 東京] 国際保健トレーニング合宿2010開催予告

(以下転送)------------------------------------------

国際保健トレーニング合宿2010参加者募集
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜jaih-s国際保健トレーニング合宿2010〜
あなたの将来に国際保健はありますか?
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ■開催予告
┃ ■概要
┃ ■jaih-sについて
┃ ■お問い合わせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■開催予告
jaih-sでは、2010年3月7日(日)〜11日(木)の期間で
毎年恒例になりました国際保健トレーニング合宿を行います。
国際保健について講義やパネルディスカッション、ワークショップ
などを通して理解を深めると同時に、JICAや国際協力NGOで
実用されているプロジェクト計画・管理の手法であるPCM
(project cycle management)を学びます。また講師の先生方
や国際保健の分野でご活躍の若手実務家の方々へのキャリア
相談など直接お話しをする機会も設けています。
少人数で4泊5日間行動を共にすることで、講師の先生方、参加者
の皆様同士の距離も近く、濃密に国際保健を学んでいただける内容
となっております。

合宿に参加して将来への具体的な一歩を踏み出しませんか。

お申し込みはjaih-sのホームページ上(http://www.jaih-s.net/
で受け付ける予定となっております。(11月中旬頃update予定)
又、昨年までの合宿の様子が上記ホームページよりご覧になれます。
ぜひご参照ください。
http://www.jaih-s.net/modules/tinyd10/index.php?id=72

■概要

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日時】2010年3月7日(日)〜11日(木) 4泊5日
※初日は国際保健医療学会の東日本地方会に参加して頂きます。
※7日午前から開始予定のため、遠方にお住まいの方には
前泊の宿泊先をご案内いたします(宿泊費1500円は自己負担)。
【場所】国立オリンピック記念青少年総合センター(東京)
(http://nyc.niye.go.jp/)

【参加者】24名(参加希望者多数の場合、選考にて決定)

【対象】国際保健医療協力を将来の道の一つとして考えている学生・院生
(学部・学科は問いません)

【参加費】19,000円
※国際保健医療学会員でない方は別途年会費が必要となります。
※遠方からご参加の方には交通費の一部補助を予定しています。

【応募受付期間】12月1日(土)〜12月26日(土)
上記期間中、jaih-sのHP上でお申し込みを受け付けます。
応募に際して、課題作文を提出して頂きます。
(課題作文は選考基準の一つになります。)
詳しくはjaih-s HPをご参照下さい。

【トレーニング合宿の目的】
T.「国際保健」という分野で自分がどのような役割を
果たしうるかを明確にする。
U. 今自分に何ができるのか、何が足りないのかに気づき、
次の具体的な一歩を踏み出すことができる。

【主な講義・実習内容】(予定)
○国際保健総論
○国際保健をめぐる資金
○伝統・宗教と国際保健
○ロジスティクスと国際保健
○国際緊急支援
○PCM手法を用いたケーススタディー
○若手国際保健実務者との意見交換
各分野に精通していらっしゃる講師陣をお招きする予定です。

■jaih-sについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
jaih-s(日本国際保健医療学会学生部会)は、国際保健医療
に関心を持つ様々な分野の学生が集まった団体です。
国際保健医療分野の第一線でご活躍されている先生方のご協力
の下、ともに学びあう場、将来の国際保健医療を担う人材
育成の場となるべく、活動をしています。

■お問い合わせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
トレーニング合宿に関するお問い合わせがございましたら、どうぞ
お気軽に以下のアドレスまでご連絡ください。
training-camp☆jaih-s.net
(☆を小文字の@に直してお送りください)
___________________________________________________

jaih-sおよび国際保健医療学会に関する詳細はこちらになります。
学生部会ホームページ http://www.jaih-s.net/
学会ホームページ http://jaih.jp


(文責:山下)
posted by I-cuber at 15:05 | イベント

2009年11月19日

[11/28 北里大学] 亀田ファミリークリニック院長の講演会

―――以下、転送歓迎――――


皆様へ

お世話になっております。
11日9日の記事<[11/28 北里大学] 亀田ファミリークリニック院長の講演会>に関しま
して訂正があり、
再度投稿させていただきます。
受付開始時刻等の日程、参加締切日、参加申込先のアドレスが変更になっております。
お手数をおかけして大変申し訳ございませんが、参加をご希望の方はご確認の程よろし
くお願い申し上げます。
以下、訂正後のご案内です。


今回は家庭医やプライマリケア、総合内科に興味ある方、また将来開業希望などで外来
診察・診断技術に興味を持っているという方にお勧めの講演会です。亀田ファミリーク
リニックで院長を務められている岡田先生を北里大学にお呼びして、患者さんを診察す
るに当たり、少し視点を変えてより深い診察を行なっていくということについてお話を
して頂くこととなりました。

プライマリ、家庭医以外を志望される方でも臨床医なら避けることのできない診察・診
断という場面で大変役に立つお話が伺えるかと思いますので、興味のある方でしたら、
どなたでも構いません、是非、後輩、先輩、友達お誘い合わせうえ、奮ってご参加頂き
たく存じます。

詳細は以下を御覧下さいませ。

【日時】11月28日(土)
17:00〜 受付開始
17:30〜 講演会
19:30〜 懇親会

【場所】北里大学病院 新棟N 2階 臨床講義室1(アクセス方法は下記参照)

【仮題】「診断のその前に・・・その周辺や状況を含めて診る」

【講演者】鉄蕉会 亀田ファミリークリニック院長 岡田唯男先生

【聴講料】500円(懇親会費は別途徴収。3000円前後の予定。)

【対象者】医学部5,6年生、研修医(その他の方でも歓迎致します)

参加を希望される方は11月25日までに以下の申込フォームにご記入の上、下記アドレス
までお申し込み下さい。

申込先: kitasato.m3536@gmail.com (ご質問等もこちらにお願いいたします。)

------申込フォーム------

お名前(ふりがな):

大学・学年 or 勤務先:

メールアドレス(PC):

懇親会の出席:有・無・保留

---------------------------------

【会場までのアクセス】

最寄駅は小田急相模大野駅です。
駅までの道のりや駅から大学への行き方は以下を御覧下さい。

http://www.ahs.kitasato-u.ac.jp/ahsaccess75.html#trafficguide

大学病院新棟近くのバス停にて降車することになりますので、以下のアドレスに載って
いるキャンパス地図を参考にしながら大学正門を入り、両脇
に駐車場を見ながら医学部棟までお越し下さい。

http://www.khp.kitasato-u.ac.jp/hzenkei.html

医学部棟に入ると右前方に階段が御座いますので、その階段を3階まで上り、上りまし
たら左に曲がって下さい。しばらく直進すると左に廊下が続
いていますのでそちらに進み、すぐに右に曲がるとそこが新棟への連絡通路です。道な
りに行きますと左手に臨床講義室1が見つかります。

大変分かりにくいですので、当日は誘導させて頂くつもりでは御座いますが、上記をご
参考に為さって下さい。病院内の通行は患者様のご迷惑にな
りますのでご遠慮下さいますようお願い申し上げます。

皆様の御参加をお待ち致しております。
失礼致します。
posted by I-cuber at 09:15 | イベント

[12/5-6 つくば] 本気で日本の医療を救う医っ Q のご案内

(以下転送)------------------------------------------

キーワードは今年も「医療×アート」です。

「筑波大学で日本の医療にアクション3.2.1.Q 2」
略称「医っQ2」

・日時 2009年12月5〜6日(土・日)
・会場 筑波大学 宿泊は学内合宿所
・参加者対象  学生・一般
(宿泊 男30名 女 30名 先着順)、
・参加費 無料 宿泊費500円
・主催 筑波大学 賢謙楽学(ケンケンガクガク)
・茨城県ご近所の底力 さきがけモデル育成事業 対象企画

<プログラム詳細>
12月5日(土)
11:00    開会
11:30〜13:00 本田美和子医師講演会
13:30〜  医療関係卒業論文発表
15:00〜  分科会@
16:30〜  分科会A
19:00〜  中華料理屋 交流会
21:00〜  合宿所移動 宿泊 (YOSAKOIソーラン)

12月6日(日)
医療を救うプロジェクトごとに活動
15:00 各プロジェクト宣言
希望者 夜のお祭り参加

本田美和子先生は、コピーライター糸井重里さんと共同で、
母子手帳の大人版 『ほぼ日の健康手帳』を作られた方です。
「ほぼ日の健康手帳」
http://www.1101.com/deardoctors/index.html

市民参加型の医療を救うアクションについて、
市議会議員の方や映画監督の方と語ってもらうよう調整中です


普通の医療系のイベントとは一味違う
楽しいイベント、医っQ2にぜひご参加ください。

最新情報・申し込みはこちら↓
http://medicalaction.tsukuba.ch/
《「医療を救う」と検索すると出ます!》
posted by I-cuber at 09:12 | イベント

[12/06 医科歯科] EBMの初心者向けセミナー

(以下転送です)----------------------------------------------

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「pES club 第9回 EBM Seminar」のご案内
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日時:  2009年12月6日(日) 14:00〜17:30
内容:  EBMの初心者向けセミナー
 医学論文の読み方を通じて,臨床上の疑問の解決方法について学びます.
 EBM全般に関するレクチャーのほか,
 6〜8名程度のスモールグループによるディスカッションを行います.
 各グループには親切なチューターが1名ずつ付き,参加者をサポートします.
 ※用いる題材は昨年と全く同じです.
場所:  東京医科歯科大学
対象:  東京近郊の大学学部学生(修士課程学生も可,学部不問)
参加費: 無料(事前登録制,当日の飛び入り参加は認めません)
定員:  50名(予定)
申込方法:The SPELL(http://spell.umin.jp)にあるフォームからお申し込み下さい.
申込期限:12月3日(木)
主催:  pES club(代表:東京北社会保険病院 南郷栄秀)

なお,学生を対象とした通年のEBM勉強会である
第9期pES club(2010年1月〜2011年3月)に入会するためには,
今回のセミナーへの参加が必須です.pES clubの詳細は,
The SPELL(http://spell.umin.jp)のpES clubページを参照してください.
posted by I-cuber at 09:11 | イベント

[12/5 東京] インターンシップ・フェア情報

(以下転送です)----------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ETIC.メールニュース インターンシップ情報版    /2009年10月30日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NPO法人ETIC.(エティック)http://www.etic.or.jp/


■ Today's INDEX > -------------

>> 12/5(土) ETIC.インターンシップ・フェア 2010 特集 第 1 弾

---------------------------------------------------------------



★次の学年、何を仕掛けようか?と考えている1・2年生、注目!
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
●志とビジョンを持ったベンチャー経営者・社会起業家が一挙集結
直接、起業家と会って、話して、春休みからのチャレンジを決める

★半年に一度の一大イベント 12月5日(土)開催★
ETIC.インターンシップ・フェア 2010 SPRING

-----------------------------------------------------------------
http://www.etic.jp/fair/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
主催:NPO法人ETIC.(エティック)

─ 来年は、本気で社会を変える挑戦を始めよう。 ─

既存の企業も、政府も解決の糸口の見えない、矛盾に満ちた、
山積する社会の課題を前に、私たちは、何ができるでしょうか?

答えはすぐ見つからないかもしれませんが、
自分なりの力強い「一歩」を踏み出すことはできます。

「リスクを取って未来を切り拓くベンチャー起業家・社会起業家
のもとで、自ら責任を持って動き、限界を超え、
課題解決にチャレンジする半年間。」

これが、ETIC.が提案するインターンシップのカタチです。

12月5日に開催するETIC.インターンシップフェアは、
志とビジョンを持ち、インターン生を「パートナー」として、
共に、未来を切り拓いていきたいと考える
20人近いベンチャー・NPO経営者が一同に集結します。

この1日が、皆さんの人生と未来が、大きく変わっていく、
最初の一歩になることを信じています。

│・日 時 :2009年12月5日(土)12:30−19:20
│ *開場・受付開始 12:00
│・会 場 :日本財団(港区赤坂1-2-2)
│ *東京メトロ銀座線/南北線・溜池山王駅9番出口 徒歩10分
│ http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html
│・参加費:1,000円 (資料代含む)
│・定 員 :100名 (事前登録制)

│・対象:ベンチャー企業・NPOでの長期実践型インターンシップに
│    関心があり、ETIC.の事前セミナーに参加可能な方

●インターンシップ120%活用術を伝授する事前セミナー
・起業家のもとでの長期実践型インターンの特徴
・春休みからインターンを始めることのメリット
・インターンで抜群の成果を出すための秘訣
・学校との両立のポイント
・インターン後に社会で活躍するOBOGの紹介
など、豊富な事例をもとにインターンシップを120%活用する
ためのノウハウを伝授いたします。

また、セミナー後、希望者は、
・自分に合ったインターン先の選び方は?
・学生団体、ゼミ、留学、海外ボランティアなど多様な選択肢
の中からどう優先順位をつけて、何を選択するべきか?
・将来の起業や自分のビジョンを実現するための戦略的な
学生時代の過ごし方
など、インターンへの参加を検討する上での疑問点に
ETIC.専属コーディネーターがお答えする個別キャリアコーチング
を受けることも出来ます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
本気で力をつけるインターンに挑戦するなら、大学1・2年生の春休み
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

ETIC.が次の春に新学年を迎える1、2年生に、
2月の春休みから、インターンという挑戦を始めて欲しいのには
明確や理由があります。

「もっと早い時期にインターンを経験しておけばよかった・・・」

3年生からインターンを始めた学生が大半がインターンを終えた後、
そのように話してくれます。
残念なことに、就職活動は、ますます早期化傾向にあり、
3年の夏や秋には就職活動が始まってしまう事実があるようです。
※そんな早い時期に業界、会社や職種を考えるのではなく、自分
を知り、社会を知り、志と実力を磨くのが学生生活では大事
だと思うのですが。

インターンで経験を積むことで「社会」と「自分」を痛いほど
知ることになります。すると、自然と勉強したいこと、
残りの学生時代でやってみたいこと、
徹底的に深めたいことが山ほど生まれてきます。

せっかく、たくさんしたいことがあるのに、もう就職活動。。。
そういう多くのインターン経験者の声を聞くたびに、

この経験をなるべく早い段階から始めて欲しい。
残りの学生生活を思いっきり有意義に過ごして欲しい。

と思うのです。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
参加予定プロジェクト(一部紹介)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

社会の課題に果敢に挑む社会起業家や、世の中に新しい価値を
創造する最先端のベンチャー起業家が、共に課題解決に挑む、
あなたの挑戦を待っています!

【ソーシャルビジネス/新規事業立ち上げ】
★1人の力で社会は変えられる!日本を変革する社会起業家の右腕募集
http://www.etic.jp/project/proj_de.phpcustomer_rid=157
NPO法人 フローレンス

【ソーシャルビジネス/新規事業立ち上げ】
★東京ミッドタウンの人気メーカーが仕掛ける社会貢献プロジェクト!
http://www.etic.jp/project/proj_de.phpcustomer_rid=67
イデアインターナショナル株式会社(12月より募集再開)

【ビジネスの基礎力を鍛える/新規事業立ち上げ】
★300人の起業家支援を通じてを起業に必要なノウハウ・マインドを磨く
http://www.etic.jp/project/proj_de.phpcustomer_rid=263
株式会社ビジネスバンク

【ソーシャルビジネス/コンサルティング】
★仕事と私生活の相乗効果を生み出す働き方、環境、社内制度を提案!
http://www.etic.jp/project/proj_de.phpcustomer_rid=239
株式会社ワーク・ライフバランス

【最先端ビジネス/コンサルティング・営業】
★温暖化防止に向けた新規事業の立上げ
http://www.etic.jp/project/proj_de.phpcustomer_rid=252
カーボンフリーコンサルティング株式会社

【ビジネスの基礎力を鍛える/営業】
★アイディア持ってきてよし!本気で新規事業リーダーになる人のみ募集
http://www.etic.jp/project/proj_de.phpcustomer_rid=225
三和システム株式会社


※その他、総勢、約20程度のプロジェクトが赤坂に集結します!
参加企業は、随時WebにUPします。http://www.etic.jp/fair/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
ETIC.インターンシッププログラムの特徴
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

過去2,300人を超える学生がチャレンジ。130名の起業家・リーダーを
輩出してきたETIC.インターンシップ・プログラム。その裏側には、
徹底してこだわり抜いたインターンシップへの想いがあります。

●経営者:ビジョンを持った経営者・起業家と働く

「こういう世の中にしたい」という、力強い未来へのビジョンと
戦略、誰にも負けない実行力で、新しい時代を切り開こうとする
経営者・起業家がみなさんの「師匠」になります。
事業・ビジネスを通じて、今までになかった新しい価値や感動、
誰も成し得ていない変革を、みずから生み出そうと、果敢に挑む
「師匠」のうしろ姿から学ぶことは無限大です。

●プロジェクト:限界を越えて挑戦し価値・成果を生み出す

ETIC.では、インターン生のことを「期間限定の正社員」と呼びます。
共に課題解決に挑む「正社員=パートナー」として、責任ある立場で、
あなた自身が、どれだけ社会や顧客、組織に価値を生み出せるかが
勝負の世界。そんな世界で徹底的に自分を鍛えることができます。

●仲間:切磋琢磨で、共に志を磨き、チカラを付ける

半年間のインターン期間中は、先輩起業家やビジネスの最前線で
活躍する社会人から、経営・事業に必要なノウハウや課題解決に
求められるポイントを学ぶ少人数ゼミや同期のインターン交流会など
志を同じくする同世代や先輩と切磋琢磨の機会がたくさんあります。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
インターンの後も、生涯に渡り、皆さんのチャレンジを応援します。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

ETIC.は、インターン後の皆さんのチャレンジを重視しています。
インターンはやったこと自体に意味があるのではなく、その経験を
その後、どう活かすか、何を仕掛けるかが勝負。
インターン後も、「社会を変えていくパートナー」として、皆さん
と共にチャレンジできることを楽しみにしています。

●インターン後のチャレンジを応援するプログラム&コミュニティ

・インターン後のチャレンジ・キャリアを考える終了コーチング
・インターン時代の仲間とのテーマ別ビジネス勉強会
・想いをビジネスプランにブラッシュアップする経営相談会
・社会を変革する気鋭のソーシャルベンチャーを集めた就職フェスタ
・日本や世界を代表する社会起業家から学ぶ少人数ゼミナール
・社会起業家としてのスタートダッシュを応援する社会起業塾
・将来、地域再生に取り組みたい人のための地域再生アカデミー
などなど

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
― お申込方法 ―
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

●下記ウェブサイトからお申し込みください。
*定員になり次第、締切となります。お申込は、お早めに!

http://www.etic.jp/fair/entry.html

*11-12月からインターンを始めたい!または、12月5日は都合が悪い方は
毎週1〜2回 開催中の「インターンシップ活用セミナー(無料)」へ
>> http://www.etic.jp/semi.php


┏━━━━━━━━━━━━━ <お問合せ> ━━━━━━━━━━━━┓
特定非営利活動法人 ETIC.(エティック)   担当 高野 細田
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル4階
TEL:03-5784-2115 / FAX:03-5784-2116
E-Mail: info@etic.or.jp Website: http://www.etic.or.jp/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
posted by I-cuber at 09:10 | イベント

[3/7 東京] 第25回日本国際保健医療学会東日本地方会のご案内

(以下転送)------------------------------------------

■━JAIH東日本地方会━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

日時:2010年3月7日(日)9:30−17:50
会場:国立国際医療センター(東京都新宿区)
大会長:柳澤理子(愛知県立大学 看護学部)
メインテーマ:国際保健に貢献するコメディカルの力

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2009/11/ 1配信━━━■

プログラム:
○大会長講演:「国際保健人材としてのコメディカル
       −開発途上国の第1線を支える力」柳澤理子(愛知県立大学)

○特別講演:「アフガニスタンの保健医療の現状から国際協力の在り方を問う
      −カレーズの会20万人診療から見えるもの−」
       レシャード・カレッド(カレーズの会)

○パネルディスカッション1:「国際保健に貢献するコメディカルの力」
田代順子(聖路加看護大学)、西田美佐(松本大学)
渡邊雅行(浜松大学)、本田徹(SHARE)

○パネルディスカッション2:「新興感染症対策」
村上仁(国立国際医療センター/国連インフルエンザ調整機関)、
實吉佐知子(厚生労働省 成田空港検疫所)、坂野晶司(台東保健所)

○シンポジウム:「国際協力におけるヘルスプロモーション」
ブラジル ペルナンブコ連邦大学教授および政府代表者、
湯浅資之(順天堂大学)ほか

○jaih-sユースフォーラム

○一般演題(口演)
参加費:一般2000円、学生1000円(当日受付)

問い合わせ先:〒463-8502 名古屋市守山区上志段味東谷
       愛知県立大学 看護学部 地域看護学
事務局 古田
E-mail :jaih_east@nrs.aichi-pu.ac.jp
http://jaih.umin.ac.jp/ja/
posted by I-cuber at 09:08 | イベント

2009年11月18日

[12/7-11 東京] 【募集】「HIV、性と生」写真展&写真コンテスト(wAds2009)

転送歓迎--------------------------------------------------------------
○・。.○・。.○・。.○・。.○・。.○・。.○・。○・。.○・。.○・。○
wAds2009 presents
「〜日常にある愛を見つけてみよう〜」

写真募集締め切り 〜11/30(月)
○・。.○・。.○・。.○・。.○・。.○・。.○・。○・。.○・。.○・。○
【12月1日は世界エイズデー】
先進国の中で唯一、 新規HIV感染者、エイズ患者が増えている傾向にある国、
日本。
若者から若者、そして社会へ伝えたいメッセージ。
世界エイズデーに合わせて約2ヶ月間にわたり、実施されるHIV・エイズ全国
意識喚起キャンペーン。
〜〜World AIDS Day Series:wAds〜〜
2009年テーマ『TALK with...』
「日本のHIV・エイズをめぐる問題に対し、若者から変わっていこう。」
このミッションを掲げて行われる2009年度のキャンペーン。
その集大成として一般公募による写真展を実施します。

wAdsはこれまで、街頭キャンペーンやクラブイベントといったものを通じ、
若者に向けてHIV・エイズの予防啓発メッセージを、
若者の視点から発信してきました。

性行動というものは、自分の価値観やパートーナーとのコミュニケーション、
周りの環境などによって影響され、それらを含めた人の生き方は
それぞれ全く違うものです。
しかし、日本社会では性についての話題はタブー視されており、
なかなか向き合うことが難しいのが現状です。

そこでwAds2009は、一人ひとりが性そして生を自分の日常と
照らし合わせながら向き合える場を作ろうと考えました。

そのために、誰でも気軽に使えるツールとして写真に注目し、
自分の日常について考えるきっかけを作れるよう"写真コンテスト"
そして"展示会"を開催することにしました。

カメラを手に、ほんのちょっとだけ立ち止まってみませんか?
「あなた」の1枚を待っております。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
wAds2009写真コンテスト

−募集テーマ−

「自分」「人との繋がり」「愛」

募集するテーマは上記の3つです。
このキーワードから連想されるものを自由に写真に撮ってご応募ください。
1つのキーワードだけでも、2つや3つ全て含めてもけっこうです。

優秀作品には
★景品の贈呈(THE BODY SHOPプレミアムセット、その他)
★その後のwAdsのポストカードなどのグッズとして検討
★ホームページにて作品の公開
などをさせていただきます。
後述の要綱に沿ってご応募ください。
皆さんからのご応募お待ちしております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
同時企画・wAds 写真展 あなたの写真が展示されます♪

「多様な愛のカタチ
〜大切な自分と、相手と、みんなで考えるHIV、性と生〜」(仮)

今年度のwAdsはHIV・エイズだけでなく、若者の性や生についても焦点を当てて
いきます。wAds2009の集大成のイベントとなる写真展はギャラリーカフェで行う
ことで、来場していただいた方それぞれがより自分の日常を振り返って考えられ
る場、一緒に来た人とじっくりTALK with...できる場となることを目指しています。
そして立場や身分をこえ、あらゆる人が気軽に参加できる写真という形で、
みなさんと一緒に性と生について考えていきたいと思います。
展示会の開催期間や場所の詳細は後日wAdsのHP、ブログ上にて掲載いたします。
予定) 日時:12月7日〜11日
場所:ギャラリーカフェ BEMSTER
http://www16.ocn.ne.jp/~bemstar/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

==================================
写真コンテスト募集要綱
○募集テーマ作品
「自分」「人との繋がり」「愛」
○応募資格
年齢・職業・性別・国籍・プロ/アマを問いません。
○応募期間
〜11月30日(月)
○応募方法
フォーマットにご記入の上、下記メールアドレスまでご応募ください。
応募先
wads09.picture@gmail.com (担当者:我妻久恵)
フォーマット ※印は必須項目です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※掲載時の掲載名(本名でなくてもかまいません):
※連絡先(メール):
(電話番号):
・所属:
※写真の題名:
※写真の説明(テーマから何を考えたか、意図や思い)





・なぜHIV・エイズの活動に取り組んでいるのか:



・若者に伝えたいメッセージ:



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−-----------------------

○審査発表
発表は展示会内の展示によって代えさせていただきます。
なお、優秀作品についてはHPにも掲載させていただきます。
○掲載について
展示会での展示期間・場所については後日、HP上にてお知らせいたします。
○応募条件
・カメラは、デジタルカメラ(携帯含む)のものに限定いたします。
・写真のデータは1280×960ピクセル以上の大きさのものをご応募ください。
・カラー・モノクロは問いません。
・写真には必ず題名とどういった意図や思いがあるのかの説明をお願い
致します。
・お一人様何枚でもご応募いただけます。ただし、その際も一枚ごとに
題名と説明をつけていただくようにお願い致します。
・動画ファイルは不可です。
○注意事項
・応募者様は、応募した写真について当団体が主催する展示会に展示される
ことを了承したものとします。
・写真は原則として、ご本人が撮影した未発表の作品、および他コンテストに
応募していないオリジナルの作品とさせていただきます。
・写真に関しての著作権は撮影者様に帰属しますが、主催者にはその使用権が
許諾されるものとします。
・主催者は応募いただいた作品をHP掲載やその他に使用するにあたって、無償
で使用することが出来ます。
・応募していただいた写真に関して、応募者様が応募写真の著作権を完全に保有
していることを前提とし、画像の著作権ならびに被写体の持つ諸権利に関して
は当団体では一切の責任を負いかねます。
・応募していただいた画像データは返却いたしません。
また、応募していただく際、以下のような写真の応募はご遠慮ください。
・公序良俗に反しているもの。または反するおそれのあるもの。
・第三者の著作権その他の権利を侵害しているもの。または侵害するおそれの
あるもの。
・第三者を誹謗中傷しているものや、そのプライバシーを侵害するもの、また
そのおそれのあるもの。
・法令等に違反し、または犯罪行為に結びつくもの。またそのおそれのあるもの。
○個人情報の取り扱い
作品応募時に入力頂いた情報は、当コンテストあるいは展示会の運営目的以外
には使用いたしません。当団体は、これら応募者様の個人情報をその他の目的
に使用したり、第三者に開示・提供をいたしません。
○問い合わせ
主催 wAds2009実行委員会
お問い合わせ:wads09.picture@gmail.com
HP:http://www.wadsjapan.net/
ブログ:http://wads2009.exblog.jp/
==================================

------------------------------------------------------------------転送ここまで。
posted by I-cuber at 15:16 | イベント