2010年05月11日

[5/29 東京] 自分らしい生き死にを考える広場 「私の生き方連絡ノート」のご提案

(以下転送)------------------------------------------

自分らしい生き死にを考える広場 第1 回
「私の生き方連絡ノート」のご提案
- あなたはどのような終末期医療を望みますか? -
http://icube.umin.jp/temp/seminar/100529.pdf

2010年 5月29日(土)
  14時〜17時
パラダイス・カフェビル地下1Fホール
〒107-0062 東京都港区南青山2-5-8
地下鉄 半蔵門線・銀座線・大江戸線 青山一丁目駅より徒歩3 分
参加費:500 円(資料代)
定 員:40 名
主 催:自分らしい「生き」「死に」を考える会
お申し込み方法:メール info@ikisihi.com に申し込み者氏名と住所・TEL ・
    メールアドレスなどの連絡先をお知らせください。
 ファックス送付先:0422−47−4889野村病院 三浦靖彦宛

 プログラム
1.14:00〜生き方をことばにしてみよう
渡辺 敏恵  自分らしい「生き」「死に」を考える会 世話人代表
医療法人恵幸会理事・東京女子医科大学非常勤講師
私が望む終末期 ― 家族や主治医は分かっているでしょうか
        三浦 靖彦 医療法人財団 慈生会 野村病院 副院長
15:30〜「私の生き方連絡ノート」を使ってみると
八木 育美 ソノラス・コート三鷹 「介護付き老人ホームの看護師として」
古口 昇 「今は元気な患者として」
posted by I-cuber at 09:07 | イベント

2010年05月10日

立命館大学生存学拠点日本語メルマガ配信

(以下転送です)----------------------------------------------

立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点では、大学院先端総合
学術研究科(公共・生命・共生領域)と人間科学研究所が組織を超えて連携し、
「障老病異」をテーマにした教育・研究拠点としてグローバルな教育・研究活動
を展開しています。

このたび本拠点の教育・研究活動をより多くの方に知っていただくため、メールマガ
ジンを刊行することになりました。

購読(無料)をご希望の方は、http://www.mag2.com/m/0001126512.html から購読
登録をして頂きます様お願いします。


どうぞよろしくお願いします。

立命館大学生存学研究センター
--------------------------------------------------------
posted by I-cuber at 09:41 | イベント

[5/22 銀座衣] 医学生のためのキャリアカフェ(勉強会)/若手医師キャリア支援プロジェクト

(以下転送)------------------------------------------

さて、5月も医学生の皆様に向けたキャリアカフェ(勉強会)を開催いたします。
まだ参加したことのない医学生の皆様はぜひご参加下さい!
(ご連絡が重複して届いておりましたら、申し訳ございません。)

キャリアカフェについての詳しい説明はこちら↓
http://www.ishicari.com/cont5/main.html

☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★

<医学生のためのキャリアカフェ(勉強会)のお知らせ>
『大学の壁を越えた交流で、自分のキャリアを考えよう!』

☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*
日時:5月22日(土)
時間:17:30から約2時間(17:15開場)
場所:銀座ルノワール 銀座6丁目店 マイスペース2階2号室
  (東京都中央区銀座6-12-10旭ビル2階
   地下鉄銀座線銀座駅A3出口徒歩4分
   http://www.ginza-renoir.co.jp/myspace/mys043.htm )
参加料:無料

対象:医学生限定(グループで参加していただいても結構です)
    5〜10名での開催を予定しています
     *初期研修病院のイメージを考えておきたい方
     *どの科に進もうかをそろそろ検討していきたい方
     *将来の自分のキャリア目標を考えたい方
     *医師のキャリア形成というものに関心があり情報交換をしたい方
     等等
内容:医学生として、今後どのようなキャリアを作っていければよいのか?という
   観点で研修病院のこと、科目選択のこと、将来の医師像などを自由に発言
   していただきます。なお発言は気軽に自由な雰囲気で考えていきますが、
   別々の大学に在籍の医学生の皆様がキャリアについて話し合い、多様な
   考え方を知ることで今後の進路選択に何かしら参考になるような会を
   目指していきます。

*なお当日人数が集まれば2次会も予定しております。
*以前キャリアカフェに来ていただいたことがある方そのご友人も大歓迎です

お申込みは
・問合せページ
http://www.ishicari.com/form1.html
または
・下記のフォームを利用し、このメール宛(hmitsuzawa@e-nhmc.com)に
 返信して下さい。

-----------------------------------------------------
お名前:
ふりがな:
大学名:
メールアドレス:
その他問合せなど:
-----------------------------------------------------
…………………………………………………………………………………………

●キャリアカフェとは・・・

なおキャリアカフェとは、若手医師の皆様が自分のキャリア形成について、他の
医学生、医師、研修医と意見を交換する集まりです。医師☆キャリ事務局から
オブザーバーが出席しますが、基本的にはお集まり頂いた医師の方々が自主的に
発言して、情報交換をして頂くものです。出身大学や医局の壁を越えた交流を
目指しておりますので、自分の属する組織にはないキャリアの形を知ることで、
出席者同士が刺激をし合い、自分のキャリアを改めて見直す機会になると思います。

なおこの勉強会は今後も毎月第3or第4土曜日に開催していく予定です。
開催予定は医師☆キャリ(http://www.ishicari.com/index.html)のホームページで
告知していきますので、5月の勉強会に行きたいが都合が合わないということで
あれば、来月以降にご出席お待ちしております。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。
posted by I-cuber at 09:40 | イベント

[5/29 東京] 医療保険改革の課題_NPO法人医療制度研究会

(以下転送です)----------------------------------------------

NPO法人医療制度研究会

http://www.iryoseido.com/

皆さまには、BCC:にてお送りしてます。ご了承ください。

平素よりNPO法人医療制度研究会にご支援をいただき、厚く御礼申し上げます。
下記のとおりご案内いたします。

転送を歓迎いたしますので、多くの知人・友人へのご紹介をよろしくお願いいたします。

■第63回講演会のお知らせ

■日時:5月29日(土)午後4時〜6時(受付は午後3時30分〜)
■場所:北里研究所病院3階セミナー室(収容100名)
■演題:医療保険改革の課題
■講師:岩本康志氏(東京大学大学院経済学研究科教授、公共政策大学院教授)
http://www.e.u-tokyo.ac.jp/^iwamoto/index_j.html

■参加費:会員 ¥1,000円、非会員 ¥2,000円、学生・研修医は無料
■申込み:参加ご希望の方はWebサイトの「申込み画面」からお申込みください。
もしくは、お名前、所属先、職種、連絡先をご記入の上、下記宛にお願いいたします。
事務局 坂詰 清 ksakadume@vivid.ocn.ne.jp

■草津研修会のお知らせ
まだ、席に若干の余裕がございます。
参加ご希望の方はご連絡お待ちしております。

テーマ:「病人権利」
日時:4月24日、25日(日)
場所:群馬県草津温泉、ホテル&スパリゾート「中沢ヴィレッジ」http://0932.jp
参加申込み:医療制度研究会Webサイト、もしくは事務局宛にお申込みください。
■参加費:1泊2食懇親会費他込、15,000円。
詳細は、Webサイトをご参照ください。


****************************************
NPO法人医療制度研究会事務局
****************************************
posted by I-cuber at 09:38 | イベント

2010年05月07日

[5/16 東京] コミュニケーションセミナー

(以下転送)------------------------------------------

さて、次回のコミュニケーションセミナーですが、
同内容にて5月16日(日)に開催致します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
『実践コミュニケーション@』
13:00〜14:30(受付開始12:45〜)
▼参加費2,000円(学生:1,000円)

『実践コミュニケーションA』
15:00〜16:30(受付開始14:45〜)
▼参加費3,000円(学生:2,000円)
(※「実践コミュニケーション@」を
受講した方が対象となります。)

『実践コミュニケーションB』
17:00〜18:30(受付開始16:45〜)
▼参加費3,000円(学生:2,000円)
(※「実践コミュニケーション@・A」を
受講した方が対象となります。)

※19:00〜21:00に参加者懇親会も予定してます。
(場所代1,000円+各自飲食持ち込み)

開催場所:
東急東横線『学芸大学駅』西口から徒歩5分
駒沢通り沿いのカフェ“EMPORIO”3F
東京都目黒区鷹番3-24-15-3F

【詳細・申込みは】
http://eventforce.jp/event/3890/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

定員は20名です。
posted by I-cuber at 09:10 | イベント

[5/12 東京] 世界で活躍する日本人:国際保健医療協力従事者からの報告会

(以下転送です)----------------------------------------------

===============================
世界で活躍する日本人:国際保健医療協力従事者からの報告会”
国際助産師の日・国際看護の日 記念セミナー

世界銀行東京開発ラーニングセンター(TDLC)は、海外の保健医療に恵まれない地域
にて医療に従事し、現地の草の根の保健医療の向上に協力している方から、発展途上国に
おける医療問題や、基本的な設備や医薬品など何もかもが不足している状況の中での活動
におけるニーズや苦労、現地活動の成果などについて、専門家によるビデオ会議講座を開
催いたします。

今回のセミナーは、マダガスカル共和国にて長年にわたる活動を続けておられる日本人助
産師の牧野 幸江シスター(77歳)、看護婦長の平間 理子シスター(71歳)より、マダ
ガスカルでの活動について、ご講演いただきます。 多くの皆様のご参加をお待ちしてお
ります。

主催:世界銀行東京開発ラーニングセンター
日時:2010年5月12日 午後6:30−8:30
開催場所:世界銀行東京開発ラーニングセンター(TDLC)
東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル10階
言語・参加費:日本語 参加費無料
募集定員:事前登録要。先着順(定員になり次第、締め切ります。)

講演内容:
シスター牧野・シスター平間からの講演
(60分・マダガスカル共和国よりビデオ会議にてご出演)
*マダガスカルの現状について
*助産師・看護婦長としての活動内容について
*現地のニーズや活動における苦労などについて
質疑応答 (30分)
コーヒーレセプション (30分)

講師紹介:牧野 幸江 1979年−82年、1994年から現在に至るまで、マダガス
カル共和国首都アンタナナリブから約170km南のアンツィラベ市にあるアベマリア産院
にて助産師として勤務。出産のための十分な施設が不足している中で多くのお産に関わり
つづけている。

平間 理子 1992年から同国の首都アンタナナリブでアッシジの聖フランシスコ病院
の看護婦長として勤務。医療体制の充実と看護師教育による医療レベル向上に尽くしている。

詳しくは、世界銀行TDLCホームページをご覧ください。
http://www.jointokyo.org/ja/programs/catalogue/madagascar/
http://www.jointokyo.org/ja/programs/catalogue/madagascar/ (tentative)

お申込方法:
事前登録要。ご氏名、ご所属、電話番号、Eメールアドレスをご記入の上、
Eメール(jointokyo@worldbank.org) またはFAX (03-3597-9161 )
にてお申し込みください。

お問い合わせ:
世界銀行
東京開発ラーニングセンター
東京都千代田区内幸町2-2-2
富国生命ビル10階
Tel) 03-3597-1314
Fax) 03-3597-9161
http://www.jointokyo.org/ja/
posted by I-cuber at 09:08 | イベント

2010年05月06日

[5/22 東京] 医師の多様なキャリアを考える会

(以下転送です)----------------------------------------------

「第1回 医師の多様なキャリアを考える会」のご案内
- 5月22日(土)19時-21時30分

医師・医学生の皆様

この度、医師・医学生で臨床以外の主にビジネスで活躍されている方々が集まり
多様なキャリアについて議論する、「第1回
医師の多様なキャリアを考える会」を開催いたします。
この勉強会では、主にビジネスの経験を持つ医師・医学生が集まり、各々の経験
やキャリアを語り合い、今後の自らのキャリアに役立たせることを目的としてい
ます。

近年医師免許を持ちながら様々な分野で活躍する医師が増えていますが、それぞ
れの活動に関連がないことが多く、個々が持つ経験やノウハウを共有する場が無
いと感じています。それと同時に、今後ビジネスの分野に興味を持つ若手医師、
または医学生にとっては情報の取得方法がわかりにくい状態です。
既に新しい世界に飛び込んだ医師達が集まり、情報を共有し合う、また若手に提
供することで医師の価値観の多様化に対応できると考えています。

また今回は第1回ということで、多摩大学医療リスクマネジメントセンターの真
野俊樹教授にお越しいただき、お話をいただくことになりました。
勉強会の中でも真野先生との活発な意見交換を予定しています。
(真野先生が最近ブログを始められました。 http://blog.livedoor.jp/qwe014/

以下告知文です。
【勉強会名称】
「第1回 医師の多様なキャリアを考える会」
【開催日時】
2010年5月22日(土) 19:00〜21:30(予定)
(場合によって延長あり。)
* 着席にて勉強会と懇親会の同時並行を予定しております。
【勉強会スケジュール】
19:00 開会挨拶
19:05 多摩大学医療リスクマネジメントセンター 真野俊樹教授 講演
"医師の多様なキャリア"について
19:25 食事をしながら各自歓談(簡単な自己紹介含む)
21:30 終了
それぞれのビジネスに関する質問、裏話等、相互にコミュニケーションがとれる
場にしたいと考えています。奮ってご参加下さい。
【集合時間】
19:00
【場所】
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-20-5 Navi Shibuya 9F
神南軒(ジンナンケン)
03-5784-4455
http://r.gnavi.co.jp/g714604/
【会費】
6,000円〜6,500円程度(飲食費実費)
【定員】
30〜40名
【参加資格】
・医師または医学生
・ビジネスの経験を持つ、または将来本格的にビジネスを志向している方
【お申し込み方法】
必要事項(6点)を記入の上、info@flava-bridge.com 宛に、お申し込み
下さい。
その際に、題名を【多様なキャリア勉強会 参加希望】としてください。
1: お名前
2: 性別(男性/女性)
3: 卒業大学/卒業年(大学名/卒業年)
4: 現在の所属
5: ご連絡先(携帯・PCメールアドレス/電話番号)
6: 勉強会で真野教授、もしくは他の参加者に聞きたい内容
【お申し込み期限】
4月27日まで(応募人数が定員を超えた場合は先着順となります)
*お申し込みいただいた方には、5月上旬に再度詳細メールをご連絡いたします。

皆様のご応募をお待ちしております。

発起人
吉田英司(株式会社フラバブリッジ 代表取締役、医師)
website: http://www.flava-bridge.com/
blog: http://blog.livedoor.jp/flavabridge/
twitter: http://twitter.com/flavabridge
posted by I-cuber at 15:36 | イベント

[6/19,7/25 兵庫] 呼吸のフィジカルアセスメント実技セミナー

(以下転送です)----------------------------------------------

■ 第12回尾崎塾 呼吸のフィジカルアセスメント実技セミナー
開催日  平成22年6月19日(土曜日)

場所  兵庫医療大学 M113 講義室(http://www.huhs.ac.jp/

神戸ポートアイランド ポートライナー市民病院前下車 西へ徒歩5分

時間  9:30〜17:30 (受付開始 9:00 )

受講料 15,000(昼食込み)

事前登録制 定員100 人(受講者10名に対しインストラクター1名以上)

受講資格 呼吸療法に関わりのある方(職種・所属を問いません)



■ 第13回尾崎塾 呼吸のフィジカルアセスメント実技セミナー

開催日 平成22年7月25日(日曜日)

場所  第32回日本呼吸療法医学会総会(http://jsrcm32.umin.jp

第6会場 京王プラザホテル(新宿)本館43階スターライト

時間  9:30〜17:30 (受付開始 9:00 )

受講料 15,000(昼食込み)

事前登録制 定員72 人(受講者7名に対しインストラクター1名)



■第12・第13回 事前登録方法

◎ 本セミナー受講希望を明記して、以下にご連絡ください。

 (注意:第何回の受講を希望するのかを明記してください)

★ E-メール : sasaki@kobe-century-mh.or.jp (携帯メールは不可)

★ 葉書  : 〒652-0855 神戸市兵庫区御崎町1-9-1

      神戸百年記念病院リハビリテーション部

      佐々木麻巳子 宛

◎ 連絡内容

住所・氏名・性別・職種・連絡先電話番号(左は必須)

E-mailアドレス・勤務先または所属・経験年数
posted by I-cuber at 15:30 | イベント

2010年05月04日

[5/11 東京] 相澤病院におけるDPCデータ分析の実際とフィードバック

(以下転送です)----------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■第196回メディカルコンソーシアム定例研究会 平成22年5月11日開催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【演題】[相澤病院におけるDPCデータ分析の実際とフィードバック]【仮題】

【講師】椛島博彰氏 社会医療法人財団慈泉会 相澤病院診療情報管理課長

DPCデータを分析することにより、診療や経営改善の指針となり、経営の方
向性まで導くことが可能です。今回は診療情報管理課の課長として、日常
どのようなデータを分析してフィードバックしているのか、またフィード
バックされたデータは各会議や経営改善にでどのように利用されているの
か、相澤病院での実際のデータ分析や分析データの利用方法を示しながら
講演をしていただきます。
特に新DPC機能評価係数や今後のデータマネジメントについての考えを併せて
述べていただきます。

厚労省にDPCデータは提出しているが、データをどのように経営改善や診療
に活用したらよいかわからないとの質問は多くの方から寄せられます。
今回の定例研究会は多くのヒントや答えを得られると思います。
────────────────────────────────
■定例研究会 概要
────────────────────────────────
【日 時】:平成22年5月11日(火)
 :18:30〜20:30(18:00受付開始)

【会 場】:NTT東関東病院(五反田) 4Fカンファレンス
[ http://www.ntt-east.co.jp/kmc/ ]

【参加費】:1人 医療機関 3,000円
    会員企業 6,000円 一般10,000円
          学   生 1,000円
          大学院生(社会人) 3,000円

注意:個人名での申込み、学生での申し込みについては学校名
    または、個人名での領収書のみ発行いたします。

【対 象】:医療機関・製薬会社・卸・大学生・大学院生・専門学校生

【申込先】:NPOの申し込みサイトよりお願いいたします。
      [ http://www.safetynet.jp/consortium/index.html ]

【問い合わせ先】
 NPOメディカルコンソーシアムネットワークグループ
 メールでお願いいたします。⇒ info@safetynet.jp

[主催]NPOメディカルコンソーシアム・ネットワークグループ

★メディカルコンソーシアムブログ by yamada

 http://ameblo.jp/medicalconsortium/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【配信解除】配信解除をご希望お方は名前を記入の上、メールで解除のご連絡
をお願いいたします。
解除まで1週間ほどかかる場合もございますのでご了承ください。
解除Mail: yamada@medicalconsortium.jp
─────────────────────────────────
★平成22年6月の予定★
+----------------------------------------------------------------+
■197回定例研究会    平成22年6月8日(火)開催 [東京・五反田]
+----------------------------------------------------------------
【日 時】平成22年年6月8日(火)18時30分〜20:30分
【講 師】渡辺幸子氏
     株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン
     代表取締役社長

【テーマ】“患者思い”の病院が、なぜつぶれるのか?
      〜DPC環境下、時代に選ばれる病院のあり方〜

【会 場】NTT東関東病院(五反田) 4Fカンファレンス
[ http://www.ntt-east.co.jp/kmc/ ]

※詳細な内容は下記ブログに掲載されています!
★メディカルコンソーシアムブログ by yamada

 http://ameblo.jp/medicalconsortium/
posted by I-cuber at 15:06 | イベント

[5/22-23 渋谷] ファシリテーション・グラフィックを学ぼう!

(以下転送)-------------------------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


     ファシリテーション・グラフィックを学ぼう!

        〜書いて促す人になる2日間〜

         5/22-23@東京 参加者募集

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

http://www.aokiworks.net/


ファシリテーション・グラフィック。

書くことで、参加や発言を促すこの技法について、じっくりと学ぶ2日間です。

講師は、福岡から志賀壮史さんをお招きします。志賀さんのファシリテーション・グラフィックは、温かく、参加者を優しく包容する点が魅力。ペンの持ち方や書き方、立ち位置や、聴く態度といった小さな所作の積み重ねで、参加者に安心感を与えるグラフィッカーとして、僕(青木将幸)が最も尊敬する人です。

ふだん、市民参加の森づくりという現場でも活用なさっているその技術を、じっくりまとめて教わる時間になろうかと思います。

僕の持論に、「ファシリテーションは十人十色」というのがあります。
どんな技法を使っても、根っこにある「その人らしさ」というのはにじみ出てくるものではないか、と。

このことは、ファシリテーション・グラフィックにも言えることです。
この2日間で、みなさんに「志賀壮史さんのようになってほしい!」と思っているのではありません。彼が磨いてきた技術を教わるなかで、みなさん流のファシリテーション・グラフィックを積み上げる一助になればと思います。

僕自身も、会議の進行役として、参加者の発言を書いてまとめることが多くあります。何を書いて、何を書かないか。より丁寧に書こうと思えば、より丁寧に発言を聴かねばならないということを、最近とみに思います。よく聴いて、要点を書く。そんな視点で深めあえる2日間にできればと思います。

話術は上手じゃないけれど、皆の参加を促したいと思う方、これまで自己流で学んできたことを、一度整理したい方、職場でいきなり進行役は無理だけど、板書係から貢献してみたい方、書くのは苦手だけど、これをきっかけに鍛えてみたいという方をはじめ、自分が関わる会議を、少しでもよいものにしてゆきたいと思う方の参加をお待ちしています。

お忙しい方のために1日のみの参加も可能な日程を組んでみました。
ご都合と興味があうようでしたら、ぜひご参加ください。

■日 時
基礎編:5月22日(土) 10時〜18時
実習編:5月23日(日) 10時〜16時

■会場
東京都渋谷区内の研修施設
(お申し込みいただいた方に場所の詳細をお知らせします)

■参加費&定員
5/22基礎編:15,000円 定員16名
5/23実習編:10,000円 定員12名

※両日参加をおすすめしますが、基礎編のみ、実習編のみの参加も可能です。(ただし、実習編のみの参加の場合は、過去に何らかのファシリテーション・グラフィックの講座を受講していることを条件とさせて頂きます)

「経済的な事情で、この金額の参加費を払えない」という方は、遠慮なくご一報ください。活動内容や思いなどをお伺いしたうえで、NPO割引、ワカモノ割引など検討します。

■対 象
自分が関わる会議にファシリテーション・グラフィックを導入したいと思う方

■プログラム
基礎編 5月22日(土)
10:00開始
ようこそ/ファシリテーション・グラフィックとは?
7つ道具を使いこなす/ペファシリテーション・グラフィックと空間
とにもかくにも、書いてみよう!

12:00ごろ ランチ休憩
13:00午後、再開

書き方のコツ/ファシリテーション・グラフィックの「型」を覚える
ホワイトボードFGと模造紙FGの違い/グラフィッカーの倫理と姿勢
何を書いて、何を書かないか/なんでもQ&Aタイム ほか
18:00 終了


※実習編 5月23日(日)
10:00〜16:00
基礎編で学んだことなどを活かして、終日、ファシリテーション・グラフィック実習をします。グループに分かれて話し合い、書いて、書いて、書いてゆく時間。話し合って、書いては、フィードバックをもらい、また書いてみる。その積み重ねでしか得られないタイプの向上があろうかと思います。

■ファシリテーター
<<<志賀 壮史(しが・そうし)>>>
略歴:1972年生まれ。96年より福岡市近郊を拠点に、複数のまちづくりや地域活性化の市民活動に参画する。まちづくりワークショップの実践を通じて身に付けたファシリテーション・グラフィックの手法を、組織運営の会議、各種イベント、研修会等に応用している。
2004年より有限会社里山計画研究所 代表取締役。また、里山保全に取り組む任意団体「こうのす里山くらぶ」の代表。

<<<青木 将幸(あおき・まさゆき)>>>
略歴:1976年生まれ。和歌山県新宮市出身。環境NGO・ASEED
JAPANにおいて、様々な環境活動に関わる傍ら、「それぞれの持ち味が発揮される組織づくり」「学びあい、育ちあう場作り」に関心をよせる。95年よりNPOに関わる若者向けの団体運営トレーニングの開発と実施に関わる。5年間の企画会社勤務ののち、2003年に青木将幸ファシリテーター事務所を設立。以来、さまざまな会議の進行役をつとめています。
字は決して美しくないが、参加者の納得度の高い板書を心がけている。

■主催:青木将幸ファシリテーター事務所
■お申し込み&お問い合わせ先
お申し込みの方は、下記フォームにご記入の上、事務局へお送りください
お問い合わせも、事務局メールまで、お気軽にご連絡ください

事務局メールアドレス
office@aokiworks.net

_______________________

■申し込みフォーム

メール件名=5月FG講座申込(お名前○○○○○)
送信先=office@aokiworks.net

・お名前:
・参加日: 両日とも or 基礎編5/22のみ or 実習編5/23のみ
・メールアドレス:
・電話番号: (当日の遅刻時連絡用なので、できれば携帯)
・年齢:
・性別:
・所属orお仕事:
・参加するにあたって、ひとこと:
・この講座を何を通してお知りになりましたか?:

 (例:××さんの紹介、○○メールマガジンなど)

_________________________
posted by I-cuber at 15:01 | イベント

[5/15,6/19,7/17 東京 築地] 聖路加看護大学 看護実践開発研究センター市民講座

(以下転送)-------------------------------------------------------------------------------

看護系イベント情報が少ないと思うので
またまたシェアです。

聖路加看護大学 看護実践開発研究センター 市民講座
「性の健康」講座 講座B「子どもや若者を支援する保護者を対象に、現状および地域や学校でのサポート仕方について解説します。
対象;保護者・教員など
日時5/15,6/19,7/17(各回定員20名、内容は毎回同じ)13:00〜16:00
会場:聖路加看護大学(詳細は参加者にお知らせします。
費用:500円(資料代)
申し込み:事前にメール・FAXでお申し込みください。
      「氏名」、「希望日」「連絡先(住所・電話番号・メールアドレス)
申し込み先:nhori@slcn.ac.jp
FAX:03-5550-2255
posted by I-cuber at 14:53 | イベント

[5/27 東京築地] 今後の医療関連サービス事業の展望と課題

(以下転送)-------------------------------------------------------------------------------

今後の医療関連サービス事業の展望と課題
 平成21年度医療関連サービス実態調査から読み取る(仮)
 http://www.meducation.jp/seminar/regist?id=5501
対象:医師 看護師 医事課 薬剤師 検査技師
分野:経営管理 業務改善 病院経営その他 診療・診察技術 医療関連サービス企業その他
日時:2010年05月27日 (木) 開始:15:00 | 終了:17:00 | 開場:14:00
会場:財団法人がん研究振興財団 国際研究交流会館3階 国際会議場
   東京都 中央区築地 5−1−1(国立がんセンター内) 03−3543−0332[地図]
講師:慶應義塾大学大学院 健康マネジメント研究科 教授 高木安雄氏
定員:180名
主催:財団法人医療関連サービス振興会
受講:無料
posted by I-cuber at 14:51 | イベント

2010年05月03日

[5/08-09 慶応] 家庭医療ワークショップセミナー

(以下転送です)----------------------------------------------

マルチポスト 失礼いたします。
私 日本プライマリ・ケア連合学会 学生・研修医部会
第22回 医学生・研修医のための家庭医療学夏期セミナー 実行委員長をしてい
ます東海大学医学部4年生の上畠篤と申します。


われわれは、全国各地で学生・研修医にとってより身近に家庭医、プライマリ・
ケア医、総合医について学べるワークショップ
http://kasemi.blog69.fc2.com/blog-entry-21.htmlを行っております。


ゴールデンウィークに飛び石で3つの家庭医療関連ワークショップを東京にて開
催することになりました!!
今回はその最後を飾るにふさわしい、内容盛りだくさんの第3弾イベントの告知です。
是非皆様お誘いの上、ご参加ください。



「学校では家庭医を学ぶ場所がない、家庭医療を知らない学生に家庭医療を知っ
てもらう」をテーマとしたワークショップ

”Family Medicine For Everybody!!"
おもろい!楽しい!誰にでも役に立つ家庭医療!

●日程・会場
・5/8(土)13:00〜9日(日)16:00解散 (8日夜懇親会)
●場所 :慶応大学 信濃町キャンパス
http://www.sc.keio.ac.jp/access.html

●対象 :全国の学生、研修医 (定員60名)
      医師の方のレクチャー&オブザーバー参加可能

●参加申し込み方法
イベントHPサイト(4月中旬開設予定)
問い合わせ: fmtf2010@gmail.com

●講師の先生について(順不同)

・「家庭医療面白レク・地域ケア」
藤沼康樹先生(日本生協連家庭医療学開発センター)

・「EBM」
名郷直樹先生(地域医療振興協会東京北社会保険病院)

・「スポーツ医学」
池尻好聰先生(亀田ファミリークリニック館山)

・「Share passion in Values of Family Medicine」
葛西龍樹先生 (福島県立医科大学医学部 地域・家庭医療学講座 主任教授) 、
Jenny Doust教授 (オーストラリア ボンド大学)

・「家庭医総論」
菅家智史先生 (福島県立医科大学医学部 地域・家庭医療学講座)

・「開業実況生中継、ビジネススキルで家庭医パワーアップ大作戦」
奥野誠先生 (出雲市在宅専門クリニック)

・「家庭医療の魅力をお伝えできる内容を検討しています!お楽しみに!」
草場鉄周先生、佐藤弘太郎先生、加藤光樹先生(北海道家庭医療学センター )

・「行動変容」
高木博先生 (筑波大学附属病院総合医コースレジデント)、阪本直人先生(筑波大学地域医療教育学講師)

・「緩和ケア」
津田修治先生(筑波大学附属病院総合医コースチーフレジデント)、浜野淳先生(大和クリニック院長)

・「病態を見抜く!実践フィジカル診断」
志水太郎先生(エモリー大学公衆衛生大学院)

・「ワークライフバランス」
松村真司先生(松村医院)、河合由紀先生(王子生協病院)、西村真紀先生(あさお診療所)



●参加費(二日間の参加費、一日では半額)
学生:1000円
研修医、医師:参加費決まり次第HP:http://familymedicineworkshop.jimdo.com/
にてアップ。
(8日の懇親会のみの参加も可能!懇親会費は当日実費で集めます)

●スケジュールについて
<8日(土曜)>
13:00 :受付開始
13:30〜14:30:家庭医療総論
14:45〜18:00:ワークショップ
18:30〜21:00:懇談会一次会
21:00〜 :二次会
<9日>
08:30〜 :受付開始
09:00〜12:15:ワークショップ
13:30〜15:00:ワークショップ
15:15 :閉会式
16:00 :解散

★8日夜の懇親会「だけ」参加可能!


★学生スタッフ随時募集中!
問い合わせはこちらまで
fmtf2010@gmail.com
posted by I-cuber at 10:13 | イベント

[5/08-09 慶応] 家庭医療ワークショップセミナー

(以下転送です)----------------------------------------------

マルチポスト 失礼いたします。
私 日本プライマリ・ケア連合学会 学生・研修医部会
第22回 医学生・研修医のための家庭医療学夏期セミナー 実行委員長をしてい
ます東海大学医学部4年生の上畠篤と申します。


われわれは、全国各地で学生・研修医にとってより身近に家庭医、プライマリ・
ケア医、総合医について学べるワークショップ
http://kasemi.blog69.fc2.com/blog-entry-21.htmlを行っております。


ゴールデンウィークに飛び石で3つの家庭医療関連ワークショップを東京にて開
催することになりました!!
今回はその最後を飾るにふさわしい、内容盛りだくさんの第3弾イベントの告知です。
是非皆様お誘いの上、ご参加ください。



「学校では家庭医を学ぶ場所がない、家庭医療を知らない学生に家庭医療を知っ
てもらう」をテーマとしたワークショップ

”Family Medicine For Everybody!!"
おもろい!楽しい!誰にでも役に立つ家庭医療!

●日程・会場
・5/8(土)13:00〜9日(日)16:00解散 (8日夜懇親会)
●場所 :慶応大学 信濃町キャンパス
http://www.sc.keio.ac.jp/access.html

●対象 :全国の学生、研修医 (定員60名)
      医師の方のレクチャー&オブザーバー参加可能

●参加申し込み方法
イベントHPサイト(4月中旬開設予定)
問い合わせ: fmtf2010@gmail.com

●講師の先生について(順不同)

・「家庭医療面白レク・地域ケア」
藤沼康樹先生(日本生協連家庭医療学開発センター)

・「EBM」
名郷直樹先生(地域医療振興協会東京北社会保険病院)

・「スポーツ医学」
池尻好聰先生(亀田ファミリークリニック館山)

・「Share passion in Values of Family Medicine」
葛西龍樹先生 (福島県立医科大学医学部 地域・家庭医療学講座 主任教授) 、
Jenny Doust教授 (オーストラリア ボンド大学)

・「家庭医総論」
菅家智史先生 (福島県立医科大学医学部 地域・家庭医療学講座)

・「開業実況生中継、ビジネススキルで家庭医パワーアップ大作戦」
奥野誠先生 (出雲市在宅専門クリニック)

・「家庭医療の魅力をお伝えできる内容を検討しています!お楽しみに!」
草場鉄周先生、佐藤弘太郎先生、加藤光樹先生(北海道家庭医療学センター )

・「行動変容」
高木博先生 (筑波大学附属病院総合医コースレジデント)、阪本直人先生(筑波大学地域医療教育学講師)

・「緩和ケア」
津田修治先生(筑波大学附属病院総合医コースチーフレジデント)、浜野淳先生(大和クリニック院長)

・「病態を見抜く!実践フィジカル診断」
志水太郎先生(エモリー大学公衆衛生大学院)

・「ワークライフバランス」
松村真司先生(松村医院)、河合由紀先生(王子生協病院)、西村真紀先生(あさお診療所)



●参加費(二日間の参加費、一日では半額)
学生:1000円
研修医、医師:参加費決まり次第HP:http://familymedicineworkshop.jimdo.com/
にてアップ。
(8日の懇親会のみの参加も可能!懇親会費は当日実費で集めます)

●スケジュールについて
<8日(土曜)>
13:00 :受付開始
13:30〜14:30:家庭医療総論
14:45〜18:00:ワークショップ
18:30〜21:00:懇談会一次会
21:00〜 :二次会
<9日>
08:30〜 :受付開始
09:00〜12:15:ワークショップ
13:30〜15:00:ワークショップ
15:15 :閉会式
16:00 :解散

★8日夜の懇親会「だけ」参加可能!


★学生スタッフ随時募集中!
問い合わせはこちらまで
fmtf2010@gmail.com
posted by I-cuber at 10:11 | イベント

[5/8 熊本] 第24回jaih-s国際協力ワークショップ

(以下転送)-------------------------------------------------------------------------------

◎転送歓迎◎

【5/8日(土)@熊本】
第24回jaih-s国際協力ワークショップ
            〜誰にでもわかる国際保健〜
【エイズ感染率30%を超えるアフリカで子どもたちは?】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 主催:jaih-s
  協力:国立国際医療センター
------------------------------------------------------------
jaih- s(日本国際保健医療学会学生部会)は、国際保健医療に
関心を持つ様々な分野の学生が集まった団体です。
国際保健医療分野の第 一線でご活躍されている先生方の
ご協力の下、ともに学びあう場、将来の国際保健医療を担う
人材育成の場となるべく、活動をしています。
------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ■概要
┃ ■企画内容
┃ ■参加申し込みについて
┃ ■お問い合わせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■ 概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□日時  2010年5月8日(土)14時〜17時
□場所  熊本大学医学部保健学科楷樹会館2F 第1研修室
      http://www.kumamoto-u.ac.jp/daigakujouhou/campusjouhou/shuyou_shisetsu/map_honjyou_3.html
      *駐車場は医学部内駐車場をご利用下さい
□講師  仲佐 保 先生(独立行政法人国立国際医療研究センター国際医療協力局)
□参加費 無料
□懇親会  ワークショップ終了後、仲佐先生を交えて懇親会を
       開催します(自由参加)。参加費は実費となります。

■企画内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
AIDS・・・それはいまや一国の存亡をも脅かす大きな問題となっています。
今、アフリカにおいて、感染率が30%を超える地域もあります。
そして、AIDSの存在によって労働人口は大きな打撃を受けます。さらに、
多くの孤児の発生も伴い、その負担は社 会の大きな問題になっています。

2000年の国連ミレニアム宣言、2001年の国連でのHIV/AIDSに関する
コ ミットメント宣言採択…などの動きの中でもなお、AIDSは拡大し続けて
います。HIV/AIDSは単純に一つの健康問題と いうだけではなく、社会的、
経済的問題などを多くはらんでいます。

このことは何を意味するのでしょうか。AIDSをめぐる世界の現状を一緒に
勉強しませんか。本講座はいわゆる講義形式ではなく、参加型ワーク
ショップとして出席されるみなさんとの積極的なディスカッションを取り入れ
ながら進めていく予定です。また、国際協力・国際保健に興味をもつあらゆる
人(高校生、学部学生、大学院生、社会人)を対象にしていますので、どな た
でもお気軽に参加していただくことが出来ます。

■参加申し込みについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
参加ご希望の方は、【2010年5月6日(木)まで】に、
 下記のURLにアクセスし、そちらからご登録下さい。
 http://www.jaih-s.net/modules/eguide/event.php?eid=45

 なお、当日参加も可能ですが、懇親会の参加はできません。


■ お問い合わせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
jaih-sワークショップ全体に関するお問い合わせは
以 下のアドレスにお願いします。
knowledge☆jaih-s.net
(☆を小文字の@に直してお送りください)
______________________________________________________
jaih-sに関する詳細はこちらです。
学生部会ホームページ http://www.jaih-s.net/
学会ホームページ http://jaih.jp/

(文責 苅屋)
posted by I-cuber at 09:25 | イベント