2009年07月15日

[9/16-17 神奈川] 学際的医療研究のための入門講座:がんと痛み

(以下転送です)----------------------------------------------

医療の質・安全学会
第3回 『学際的医療研究のための入門講座:がんと痛み』 ご案内
主催:医療の質・安全学会・学際共同研究推進WG
共催: テルモ株式会社

日時: 2009年9月16日(水)10時 〜 17日(木)17時(合宿形式)
場所: テルモ(株)プラネックス (神奈川県足柄上郡中井町)
      #小田急秦野駅・JR二宮駅北口からタクシーで10分
     http://www.terumo.co.jp/company/development/pranex.html

宿泊: グランドホテル神奈中秦野
     http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

テーマと講師:(敬称略)

・がんとは何か&がんの治療(がんの基礎+臨床医学):小林一彦先生(JR東京総
合病院)

・がんの疫学から予防・早期発見のための検診・啓発へ:中村利仁先生(北海道
大学)

・緩和医療・疼痛管理とは何か:堀夏樹先生(NTT病院)
・がん看護:中山康子先生(NPO法人 在宅緩和ケア支援センター“虹”)

WS
情報提供 (2日目の午前中に40分ずつ)
・「がん患者の語り」データベース(DIPEx-Japan):佐久間りか(DIPEx-JAPAN)
・ がん疼痛管理研究の中で得られた患者の言葉:三井さよ(法政大学)

WSテーマ案 ※検討中
A 「患者の語り」は,どのように研究にしていけるのか
B ものづくりに「患者の声」をどう生かすか:「しょうがない」で封じられてい
る患者視点を探る

対象: 医療研究に興味を持つ社会科学系(社会学・心理学・認知科学ほか)な
らびに工学系(人工知能,人間工学ほか)の若手研究者,医療現場からの研究を
学際的に展開していくことに興味を持つ医療関係者,併せて30名程度.
・医療の質安全学会および各学会に対して公募し,希望者が多いときには,書類
選考を行います.
・ 原則として,全日程に参加できる方を優先いたします.

参加費(合宿形式): 9月16日昼食〜9月17日昼食の1泊4食を含みます.  
宿泊は「グランドホテル神奈中秦野」です.
学生(大学院生) 8,000円
任期付き/非常勤有職者 10,000円
テニュア付き*有職者 15,000円
      *「テニュアとは「定年までの長期雇用」を指します
・現地までの交通費は各自のご負担でお願いします。
・この参加費は,宿泊代・食費など「実費の一部」をご負担いただくものです.
その他の経費は主催・共催で負担しており,収益事業ではないことをご理解くだ
さい.

詳しい内容・スケジュール・応募方法は、
http://qsh.jp/090916colab.html
posted by I-cuber at 09:15 | イベント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30555592
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック