2009年10月28日

亀田ファミリークリニック館山 家庭医プログラム スタッフ、フェロー、レジデント、短期研修の募集

(以下転送です)----------------------------------------------

マルチポスト失礼致します。

亀田ファミリークリニック館山 家庭医プログラムでの スタッフ、フェロー、
レジデント、短期研修の募集です。

特に急激な立ち上がりを見せているプライマリケアスポーツ医学のフェローがお
すすめです。

また、レジデントの募集に関しては面接日が迫っておりますが、まだほんの少し
空きがありますので滑り込み可能です!

複製、転送は大歓迎ですので、「そういえばあの人家庭医に興味があったな」と
いう人に心当たりがありましたら、転送をお願いいたします。

当院では、深さはもちろん、日本で最も幅の広い家庭医療の実践、教育、研究を
目指します。

現在の重点事項
*得意分野を持った家庭医の育成 (differentiation, GPwSI: General
Practitioner with special interest)
*点でなく面での展開(他施設との連携)
*地域、行政との連携推進
*研究、福祉推進事業への取り組み
平成21年度社会福祉推進費補助金事業の実施状況について
http://www.kameda.com/about/facilities/tateyama/index.html

特徴
*日本家庭医療学会プログラム認定。プログラム認定制度発足に先立って、2000
年より運営しています。
*他の認定プログラムが設立の際に参考にするプログラムです。(現在立ち上
がっている多くのプログラムの設立担当者の方が見学に来られました。事業報告
参照)
*他のプログラムの指導医を育成した指導医が管理するプログラムです。
(HANDS-FDF 修了生参照)
http://mywiki.jp/familydoc/HANDS-FDF+%28Faculty+Development+Fellowship%81j/%8FC%97%B9%90%B6/
*レジデントも含めて10人以上の家庭医が行なうこれからのグループ診療のス
タイル(ピアサポートと協同学習)
*3年間基本的に同じ地域で継続診療を行う(継続性を最重視した研修プログラ
ム)
*家庭医療の指導医が常勤5名+非常勤3名
*3次医療機関(亀田メディカルセンター)との綿密な連携(Integrated
Healthcare Networkにおける家庭医療)
*プログラム修了生7期16名の実績(修了生はその行き先で家庭医としてそれ
ぞれ高い評価を受けています)

同時に、
*指導医として働いて頂けるhospitalist(GIM:総合診療、病棟中心)、ER医、
在宅専門医、もちろん家庭医
*専門を持っているがプライマリケアへ軌道修正したいという方の再研修(特
に、小児科、透析、精神科、産婦人科からの転向。)現在も1名研修中です。
*既に家庭医の後期研修を始めているが移籍を考えている方(これについては学
会の厳密なルールがありますので慎重にご検討下さい
。)
*他プログラムの選択研修の期間の受け入れ(現在公式の連携が4プログラム
初期:3 後期:1あります)
も募集いたします。
こちらは随時募集、詳細は個別に応相談ですので、私のメールアドレスへ直接ご
連絡をお願いいたします。

もちろんそれ以外もできる限り要望を考慮致します。

各プログラムの詳細は
http://www.kameda-resident.jp/senior/examination/internal/internal07.html
をご覧ください。

家庭医後期専門研修プログラムの面接日は、2009年11月9〜10日です。
【参考】
亀田は倍率が高いのではないか?という噂があるようですが、それは初期研修の
話です。
家庭医のプログラムは設立以来実質倍率2倍を超えたことはありません。

迷っている方もまずメールを!
tadaookada+kfct@gmail.com
posted by I-cuber at 09:21 | イベント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33242159
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック