2009年10月30日

[11/08 東京] ステロイドを使用せずヨク苡仁湯のみで治癒したリウマチ性多発筋痛症の1例 他

(以下転送です)----------------------------------------------

第10回関東甲信越整形外科漢方研究会
http://icube.umin.jp/temp/seminar/091108ortho10.pdf

日時:平成21年11月8日(日)10:00〜13:00
会場:ベルサール八重洲2階B・C
東京都中央区八重洲1-3-7八重洲ファーストフィナンシャルビル
 TEL 03-3346-1396

第10回関東甲信越整形外科漢方研究会
拝啓
時下、先生におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
この度、「第10回関東甲信越整形外科漢方研究会」を開催する運びとなりました。
本会は、「整形外科診療における漢方治療の有用性を啓蒙し、臨床での治療手段を
広げ、治療の向上と発展を図る」ことを目的としております。これから日常診療
に漢方を取り入れてみたい、今一度漢方を勉強しなおしたいと考えておられる先
生方のご参加を心よりお待ち申し上げております。
敬具

関東甲信越整形外科漢方研究会世話人大田原赤十字病院整形外科吉田祐文
松村外科整形外科医院松村崇史
茨城県立中央病院整形外科大塚稔
叶M州中野加齢疾患研究所熊木昇二
共催関東甲信越整形外科漢方研究会/
10:00〜11:00
11:00〜13:00
※参加費:500円※軽食をご用意いたしております。
お問合せ先株式会社ツムラ関東甲信越支店TEL03-6311-6750担当:小川伊藤

《教育講演及び症例検討》
座長叶M州中野加齢疾患研究所所長熊木昇二先生
教育講演
演題「腰痛・坐骨神経痛の漢方治療(仮)」
演者松村外科整形外科医院院長松村崇史先生
症例提示
演題1「関節痛/関節リウマチの漢方治療―大防風湯を中心に―」
演者茨城県立中央病院整形外科大塚稔先生
演題2「ステロイドを使用せずヨク苡仁湯のみで治癒した
リウマチ性多発筋痛症の1例」
演者JA長野厚生連佐久総合病院地域医療部小池宙先生

《特別講演》座長大田原赤十字病院整形外科吉田祐文先生
演題「内科医から見た疼痛性疾患」
演者織部内科クリニック院長
織部和宏先生

■所在地:〒103-0028東京都中央区八重洲1-3-7八重洲ファーストフィナンシャ
ルビル2F■交通:「日本橋駅」A7出口直結(東西線・銀座線・浅草線)「東京駅」
八重洲北口徒歩3分(JR線・丸ノ内線)
posted by I-cuber at 10:13 | イベント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33287782
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック