2009年12月04日

[12/12 名古屋] 医療の安全のための多角的アプローチ

(以下転送です)----------------------------------------------

12月12日(土) 名古屋
医療の安全に関する研究会第14回研究大会
医療事故を医療の安全につなげるために
〜医療の安全のための多角的アプローチ〜
http://www.urban.meijo-u.ac.jp/zsakai/iryou-anzen/index.htm
【日 時】  2009年12月12日(土)10:00〜17:00
【場 所】  南山大学名古屋キャンパスB棟3階B31教室
(名古屋市昭和区山里町18 TEL052-832-3111)
【参加費】  一般2000円,会員1500円,学生1000円
どなたでも参加できます。郵便振替(口座番号:00870-7-104540
名義:医療の安全に関する研究会)にて参加費を振り込み下さい。参加証をお送りします。
【プログラム】
10:00 開会の挨拶 島田 康弘 理事長(名古屋大学名誉教授)
10:05 大会長講演「医療事故を医療の安全につなげるために」
       増田 聖子(弁護士)
       座長 天野 寛(愛知新城大谷大学社会福祉学部教授)
10:30 特別講演「薬物療法の安全へのアプローチ」
       松葉 和久(名城大学薬学部特任教授)
       座長 酒井 順哉(名城大学大学院都市情報学研究科教授)
11:15  「医療の安全に関する川柳」講評と表彰
       大木 俊秀(NHK学園)
11:30 昼食休憩
12:30 シンポジウム「医療の安全のための多角的アプローチ」
     司会 吉田 嘉宏(医療を良くする会代表) 増田 聖子
      1)安全管理に関わる医師の立場からのアプローチ
       長尾 能雅(京都大学医学部附属病院医療安全管理室長)
      2)病理医の立場からのアプローチ
       堤   寛(藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授)
      3)看護の立場からのアプローチ
        齋藤 悦子(元共立女子短期大学教授)
      4)臨床工学技士の立場からのアプローチ
        北野 達也(星城大学大学院教授)
      5)患者の立場からのアプローチ
        稲垣 克巳(「克彦の青春を返して」著者)
      6)心理学の立場からのアプローチ
        山内 桂子(東京海上日動メディカルサービス株式会社)
      7)専門ジャーナリストの立場からのアプローチ
        後藤 克幸(中部日本放送、医療ジャーナリスト)
      8)法律家の立場からのアプローチ
        加藤 良夫(南山大学法科大学院教授)
16:15 総合討論
16:45 次期大会長挨拶 北野 達也
16:55 閉会の挨拶 大会長 増田 聖子
【主 催】医療の安全に関する研究会(上記URLを参照ください)
posted by I-cuber at 10:31 | イベント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34004909
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック