2010年01月30日

[1/31 田町] 患者の語りが医療を変える

(以下転送)-------------------------------------------------------------------------------

◆1月31日(日)患者の語りが医療を変える◆

EBMとともに重視されつつあるナラティブ・ベイスド・メディシン
の最初情報です。
20代から70代の43名の乳がん体験をした女性たちが、
あとに続く女性たちのために、
ビデオカメラに向かって体験を語る「乳がんの語り」のサイトがスタートしました。
http://www.dipex-j.org/bc/ を開くと、
発見、治療、再発、生活、と
多面的な「語り」の映像・声・文章を見ることができます。

医療の質・安全学会の「新しい医療のかたち賞」を受賞したこのプロジェク
がどのようにして生まれ、協力者をふやしていくことができたか
次なる前立腺ガンと認知症のサイトの計画は?
臨床現場や医療者教育にどう生かすことができるか?
詳細は、http://www.dipex-j.org/news/
1月31日(日)13:00〜16:40 (受付開始12:30〜)
女性と仕事の未来館(JR田町駅より徒歩3分・地下鉄三田駅A1出口より徒歩1分)
参加費:無料、参加ご希望の方は本日までに、上記のサイトからメールで、または、FAXで
03-5568-6187へ。
問い合わせは、ディペックス・ジャパン事務局 050-3459-2059 へ。
posted by I-cuber at 11:22 | イベント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35014757
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック