2010年06月15日

[6/23 東京] 日本スピード矯正研究会キックオフ講演会

(以下転送です)----------------------------------------------

            日本スピード矯正研究会キックオフ講演会御案内



1.趣旨

   この度、韓国のカトリック大学矯正歯科と香川県立中央病院の共同執筆の
スピード矯正法の論文の翻訳がJOP(Japan Orthodontic Practice)5月号に掲
載されました。これを機会に日本スピード矯正研究会を立ち上げ、その第一回の
活動としてキックオフ講演会を開催致します。本研究会はSpeedy Orthodontics
の原理と臨床応用を日本の歯科矯正に紹介し、適応を拡げることを目的として今
回発足する学術団体です。本法は診療室ベースで行える外科的矯正アシスト法で、
治療期間を患者の希望に合わせてスピードアップできるばかりか、無理な矯正を
行わないため術後安定性においても優れた方法です。矯正医とそれに連携する口
腔外科医でご関心の深い方々の御参加をお待ち致しております。

2.日時/場所

  2010年6月23日 18:30―― 20:30

会場:ベルサール九段
 http://www.tokyoipo.com/event/map/kudan2.html

     ルーム2会議室

  東京都千代田区九段北1−8−10 3階

(注)翌日(6月24日)同じ「ベルサール九段」で日本臨床矯正歯科医会の例会

     が開かれます。

3.プログラム

 (1)開会挨拶

    座長 管野貴浩先生

       香川県立中央病院歯科口腔外科医長

(2)講演1

矯正医から提案するSpeedy orthodontics
(Segmental Corticotomyを用いたスピード矯正法)

講師:Seong-Hun Kim,DMD,MSD,PhD、Associate Professor、

Department of Orthodontics, School of Dentistry、Kyung Hee University

(3)講演2

Surgical Assisted Orthodontics(口腔外科医が提案するスピード矯正法)

講師:三次正春先生

   高松歯科口腔外科クリニック

(4)日本スピード矯正研究会の今後の活動について

    三次正春先生

    日本スピード矯正研究会主査

4.会費

  2万円

5.講演内容及び研究会に関するお問い合わせ先

高松歯科口腔外科クリニック

高松市塩屋町11-16

087-813-1666

buaao520@hi-net.zaq.ne.jp

6.お申し込み方法

  (当講演会事務局は潟Aダプティブに委託しています)

  ・先着順70名。

  ・お申し込みは下記メールアドレスにお願い致します。

  buaao520@hi-net.zaq.ne.jp

・会費(2万円)は当日までに下記口座にお振り込みをお願い致します。

 恐縮ですが、振込手数料はお申し込み者のご負担でお願い致します。

 お手数ですが、送金者名は御参加者のお名前でお願い致します。

 又、領収書は銀行振込受領書でかえさせていただきます。

 振込先

 三井住友銀行 梅田支店

 普通口座 2713792

 名義 カブシキカイシャ アダプティブ

    (株式会社アダプティブ)


             日本スピード矯正研究会

                発起人代表 三次正春

                 高松歯科口腔外科クリニック

                     高松市塩屋町11-16

                         087-813-1666

                         info@oms-center.com
posted by I-cuber at 09:47 | イベント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38939262
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック