2010年06月28日

[8/23-29 マニラ] Action-Project 災害医療勉強合宿

(以下転送)------------------------------------------

「将来、災害医療に興味があるけど、何したらいいんだろう・・・」
「災害医療に興味がある!」「アジアの学生と友達になりたい!」
そんな皆さま、大大大大歓迎です!!

最初に、私たちACTION-Projectについて説明をさせていただきます。ACTION-Project
(Asian Collaborative Training on Infectious Disease, Outbreak,Natural
Disaster, and Refugee Management)は、
アジア太平洋地域で災害支援のフィールドでイニシアチブを発揮できる医療人を育成するための
国際医学生連盟(IFMSA)公式の多国籍プロジェクトです。


2010年はフィリピンで「health management in hospitals and beyond in times of
disasters」がテーマです。
災害発生時、日常における医療体制の限界をはるかに超える需要が発生する可能性があります。
将来、私たちがその状況におかれたとしても、適切な対応をとれるよう、
そしてその現場でイニシアチブを発揮できるよう訓練するのが、今回の合宿の主な目的です。
合宿では様々な国から災害医療を志す有志が集まります。
昨年ではタイ、香港、インドネシア、フィリピン、日本、台湾から総勢50名もの学生が寝食を共にしました。



以下プログラムの原案です。


   I.  今、なぜACTIONなのか!?―アジアの直面する災害の危機

   II.  災害時の医療支援―基本・原則とその重要性

   III. リスクマネージメント―防災及び被害の軽減

   IV. 事前準備として必要なこと

   V. 災害時における病院の安全の確保

   VI. 災害時において―保健医療施設のあるべき対応

   VII. 災害時の対応@―国際機関

   VIII. 災害時の対応A―国際的非政府組織
   IX. 災害時の対応B―被災地非政府組織
   X. 災害時の対応C―政府機関
   XI. 災害時の対応D―報道機関

   XII. 人道支援@―食糧と栄養管理
   XIII. 人道支援A―水と公衆衛生

   XIV. 人道支援B―感染症の予防と拡大防止

   XV. 人道支援C―被災者への精神的ケア

   XVI. 人的災害時の緊急人道支援

   XVII. 災害からの復興
詳細につきましてはこちらの
ACTIONプロジェクト2010ウェブサイト(http://sky.geocities.jp/action_project_2010_sakon/home.html
をご参照ください。



●開催要項

開催期間: 2010年8月23日〜29日
開催地: フィリピン・マニラ  University of Santo Tomas, Faculty of medicine and
surgery
テーマ: health management in hospitals and beyond in times of disasters
参加費: 250 ユーロ (現地への振り込み費用を含めて3万円前後を予定しています。)

※なおこちらの参加費は、現地におけるホテル、講義受講費用などを含みますが、
日本からフィリピンまでの交通費は含まれません。




【参加者募集要項】

応募資格:
・原則としてACTIONアジア合宿の全日程に参加できる方

今回のACTIONアジア合宿のテーマに関心をお持ちの方であれば、所属、分野を問いません。


なお、IFMSA-Japan正会員でない方で参加される方は、会員登録をお願いしています。


参加申込方法:
こちらのウェブサイト(http://cid-8b9b31433eee8841.skydrive.live.com/browse.aspx/.Public
から参加申し込みフォームをダウンロードをし、ご記入のうえ、
action.project@gmail.com までお送り下さい
募集定員・選考方法:
IFMSA−JAPAN会員への定員は10名前後です。
定員を超える応募があった場合は、ACTIONスタッフが話し合って決定します。
参加決定者はその後それぞれに個人的に連絡します。
また、参加費の振込み等はその際ご説明します。

募集期限: 2010年6月25日
定員に満たない場合は2次募集をかける場合もございます。


質問等ありましたら
こちらのメールアドレス(action2010.japan@yahoo.com)
もしくはアクションスタッフの鈴木(k.suzuki.from.japan@gmail.com)まで気軽にご連絡ください。

アクション・プロジェクト セクレタリー
鈴木 和治
posted by I-cuber at 11:11 | イベント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39308072
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック