2010年09月01日

水曜日の夜、「医療を変える・現場から変える」へのお誘い

(以下転送)------------------------------------------

国際医療福祉大学の水曜夜の公開講座のご案内、
9月22日から、毎週水曜簿の授業です。
終了後のイタリア料理屋さんでの懇親会も人気です。
講師に感動 友人の輪が広がります。何人かで申し込むと割引になります。


【医療を変える・福祉を変える・現場から変える】

ターミナルケア・胃ろう・癌・認知症・歯科医療・お産・医療費・
インフォームド・コンセントなどをめぐる身近な倫理をとりあげ、
現実に変革しつつある方々をお招きして現場の視点、専門職の視点、患者の視点、
国際的視野で考えます。
大学院のサイトは、
http://www.iuhw.ac.jp/daigakuin/nogizaka/2010_s/07.html
開催会場、申し込み方法は末尾に(^_-)-☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★★★☆☆☆☆☆☆★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1 9月22日(水)19:40〜21:10
【日本の素晴らしいところ・ダメなところ】
国際医療福祉大学大学院教授  大熊 由紀子さん

2 9月29日(水)19:40〜21:10
【患者と医療者をつないだ「うそをつかない医療】
隠さず、逃げず、ごまかさないを貫いている
新葛飾病院 院長の  清水 陽一さん。
ご自身、再発癌と闘病中の身で、渾身の講義をしてくださいます
http://www.nursing-plaza.com/column/200808/

3 10月6日(水) 19:40〜21:10
【患者にしか語れない言葉がある。それをウェブでサイトで伝える挑戦】
 乳がん、前立腺がんのの体験者が、みずから顔をだして語るサイト
 http://www.dipex-j.org/  をつくりあげた意味と
 実現までの挑戦について話してくださいます。
 ディペックス・ジャパン理事長 別府宏圀さんと事務局長佐久間りかさん
http://www.yuki-enishi.com/challenger-d/challenger-d65.html

4  10月13日(水)19:40〜21:10
【見えない身で精神科医になって変えたこと】
視覚障害をもつ医師の会 事務局長・精神科医  大里晃弘さん
東京医科歯科大学医学部在学中に失明。医師になる道を断たれたのですが
恩師や友人のサポートと2001年の法改正で医師免状を取得。
ご自身のサイトは、http://www.hslnpo.com/osato/ http://osatonet.exblog.jp/

5  10月20日(水)19:40〜21:10
【薬害被害者が変えたこと変えられなかったこと!】
薬害HIV訴訟大阪原告団代表  花井十伍さん
幼くして血友病と診断され、血液製剤でHIVになり、エイズ差別の対象にも。
「薬害エイズ被害者の立場は、一般人の未来の立場」と語ったインタビューは、
http://www.sairosha.com/mook2-interview.htm
阪大での講義で「断固糾弾!というスタイルをとらないのはなぜですか?」
という質問に「芸風の違いでしょう」とサラリといってのけて
学生たちをうっとりさせた模様やジャニーズ系の風貌が、
ゆき先生のサイトに載っています。

6 10月27日(水)19:40〜21:10
ムンテラからインフォームド・コンセントへ、そして……
国際医療福祉大学大学院 教授  大熊 由紀子さん
http://www.yuki-enishi.com/informed/informed-01.html

7 11月10日(水)19:40〜21:10
口から食べられなくなったらどうしますか?
芦花ホーム 医師  石飛幸三さん
40年以上外科医として活躍し、『患者が決めた!いい病院ランキング』で外科部門の1位に
なったほど。済生会中央病院副院長をへて、特養ホームで、平均年齢は90歳、9割が認知症
という人々の医療面を支えています。そこでの体験をもとに書いた
『「平穏死」のすすめ 』は、いま各界に衝撃を与えています。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/3006
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/100228/bks1002280832002-n1.htm

8 11月17日(水)19:40〜21:10
産婦人科領域の倫理と非倫理/内部告発という名のボランティア
金沢大学医学部産婦人科講師  打出喜義さん
上司の教授の非倫理な臨床実験の裁判で、
はからずも、患者の身になった証言をしたことから、数奇な運命に。
この事件がなければ、大学教授間違いわれていた心優しいドクターです。
http://www.yuki-enishi.com/challenger-d/challenger-d24.html

9 11月24日(水)19:40〜21:10
聞こえない弁護士が提言する医療福祉の人権改革
弁護士  田門 浩さん
聾の身で東大法学部を卒業、現在は都民総合法律事務所所属。
http://www.hat.hi-ho.ne.jp/at_home/long/long11.html
http://www.hat.hi-ho.ne.jp/at_home/long/long11.html
千葉県聴覚障害者協会 総括マネージャー 山口 千春さん
が手話通訳してくださいます。

10 12月1日(水)19:40〜21:10
介護保険で改革したこと・改革できなかったこと
国際医療福祉大学大学院教授  大熊 由紀子さん
300人近い関係者を訪ねてことし岩波書店から刊行された
「物語・介護保険」上下2巻の裏話も含めて。。
http://www.yuki-enishi.com/kaiho/kaiho-00.html

11 12月8日(水)19:40〜21:10
診療報酬の透明化で医療を変える
中央社会保険医療協議会委員  勝村 久司 さん
天文学が専門の高校の物理の先生が、愛娘、
星子ちゃんの理不尽な死を真相をつきとめるうちに、
レセプトなみの領収書の開示を求める市民運動の先頭に。
そして、中医協の委員に。
http://www.yuki-enishi.com/messages/messages-13.html

12 12月15日(水)19:40〜21:10
目からウロコの歯の革命
歯科医  熊谷 崇 さん
高齢になっての幸せは、歯が健康かどうかに大きく左右されます。
外車を乗り回す高名な歯科医から一転。
酒田市のこどもやお年寄りの歯の健康を日本一にした業績で、
スウェーデンの名誉博士号を授与された歯科界では知らぬ人のない方です。
http://www.yuki-enishi.com/challenger-d/challenger-d42.html

13 12月22日(水)19:40〜21:10
現場から変えたパイオニアの背景を考える
国際医療福祉大学大学院 教授  大熊 由紀子さん
http://www.yuki-enishi.com/challenger-d/challenger-d00.html

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★★★☆☆☆☆☆☆★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆

開催日時   9月22日開始/水曜/19:40〜21:10
ナマ授業会場   国際医療福祉大学 東京青山キャンパス
      (東京メトロ半蔵門線・銀座線・都営大江戸線 青山一丁目駅2分)

大田原本校・小田原・福岡天神・大川キャンパスにお越しになれる方は、
遠隔授業システムで質疑応答できる同時双方向授業に参加できます

○インターネット同時中継も行います。
授業日から1週間、ご都合のよい時間帯にごらんになれます。
日本のどこででも受講できるインターネット受講のコースのみの申し込みもOKです。

受講料 30,000円(全13回)
※何人かで申し込むと割引に 2名申込 28,000円/1名。 56,000円
              3名申込26,000円/1名。  78,000円。
     4名以上申込24,000円/1名。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★★★☆☆☆☆☆☆★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
受講をご希望の方は、
    http://www.iuhw.ac.jp/daigakuin/nogizaka/guide2010.html

インターネットでの申し込みが不得意な方は
電話:03-6406-8621の乃木坂スクール担当にお電話を。
posted by I-cuber at 09:49 | イベント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40477092
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック