2010年10月22日

[10/23 ライブ中継] 厚生労働科学研究 結果発表シンポジウム

研究結果をリアルタイムでネット配信するそうです!
厚生労働科学研究 結果発表シンポジウム
http://www.niph.go.jp/symposium2010/index.html

開催概要
開催日時 2010年10月23日(土曜日)
午前9:30 開場、午前9:55 開始
会場 国立保健医療科学院 交流対応大会議室
アクセス こちらからご確認ください。
主催 厚生労働科学研究費補助金の
成果の公表のあり方に関する研究事業
参加対象 一般の方どなたでも (高校生以上)
定員 150名
参加費用 無料
申込方法 事前受付不要、当日受付にて

ご挨拶

 厚生労働科学研究費は、厚生労働省が実施する、国民の皆様の生活や健康の向
上を目的とした研究助成制度です。 その広報として、従来、各研究課題の報告
書の公表を行なって参りましたが、難しい研究成果を分かりやすく皆様にお伝え
し、研究成果をより広く社会に還元していくことが課題として指摘されていまし
た。
 そこで今回、厚生労働科学研究の成果広報をより良くしていくための実験的な
成果発表会を行います。インターネット時代にふさわしい研究成果発表会の確立
に向け、今回の試みにご参加頂き、さまざまなご意見をお寄せください。


:30〜9:55 開場
9:55〜10:00 開催ご挨拶
10:00〜11:00 レギュラー発表T:行政政策
レギュラー発表U:厚生科学基盤
11:00〜12:00 ショートプレゼンテーションT 8項目
12:00〜12:30 ポスター発表T 8項目
12:30〜14:00 休憩 ※院内にお食事をご提供している施設等はございません。
      ご注意ください。
14:00〜15:00 レギュラー発表V:疾病・障害対策
レギュラー発表W:健康安全確保総合
15:00〜16:00 ショートプレゼンテーションU 8項目
16:00〜16:30 ポスター発表U 8項目
16:30〜16:45 休憩
16:45〜17:15 レギュラー発表V:戦略研究
17:15〜18:30 パネルディスカッション
「目的志向型研究としての厚生科学研究と成果発表のあり方」
posted by I-cuber at 11:30 | イベント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41441708
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック