2010年10月03日

チャリティマラソン医療ボランティア募集!!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
チャリティマラソン医療ボランティア募集!!
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

昨年11月29日、ぼくたちI-cubeで外資系金融機関のチャリティマラソンの医療ボ
ランティアとしてお手伝いしました。
昨年は、過去最高の97 団体、5183 人が参加し、大盛況のうちに終了しました。
6つの非営利団体の活動を支援するために寄せられた募金総額は約5900 万円となり
ました。

FITチャリティ・ラン
http://www.fitforcharity.org/

そして今年2010年は、11月7日(日)に開催されます。(これまでより約1ヶ月早
い!)
ぜひ、皆さんのお力も貸してもらえないでしょうか?
医学知識・技術・免許は不要です!
医療系で動いているとなかなか接点がない外資系金融会社のこころあるひとたち
と、わいわいとイベントをつくりあげるのは、とても面白いです! また終った
あとは、少し交流会の場をつくらせていただこうかと準備中です。

少しでも興味をもっていただけたら、下記にぜひ連絡ください。
近日中(10月に入ったら)に打ち合わせを行う予定もあるので、ぜひ!


[開催概要]

名称: FIT チャリティ・ラン2010

日時: 2010年11月7日(日)午前9時〜午後1時

場所: 国立霞ヶ丘競技場および明治神宮外苑周辺道路(東京都新宿区)

種目: 10kmラン、5kmファンラン、2.5kmウォーク、企業対抗4×100mリレー、キッ
ズ・スプリント(予定)

対象: 企業単位で参加登録を行うことを条件に、金融または金融に関連した企業の
社員とその家族・知人

特別協力: 財団法人 日本サイクリング協会

「お問い合せ及びお申し込み窓口」
株式会社バリアフリーカンパニー
代表取締役 中澤 信
電話:03-6795-8571
携帯:090-3201-8987
e-mail: nakazawa@barrier-free-jp.com
URL  : http://www.barrier-free-jp.com
posted by I-cuber at 13:49 | イベント

2010年09月27日

[10/15 松戸] 医療コーチング

一般社団法人チーム医療フォーラム
http://teamforum.or.jp/)が、コーチングに関する講演会を
開催して頂けることになりました。

日時 10月15日 18:45〜20:30
内容 コーチング
場所 松戸市民劇場 (松戸駅 西口 徒歩5分)
http://www.morinohall21.com/gekijo/g_chizu.html
イベント詳細 http://teamforum.or.jp/images/townmeeting02.pdf
金額 無料
posted by I-cuber at 21:26 | イベント

2010年09月25日

[10/3 医科歯科大] [医学生の会] 勉強会(岡田唯男先生)のご案内

10月3日(日)に亀田ファミリークリニック館山院長の岡田唯男先生とニューハン
プシャーMCの中村正志先生をお招きして「医師のキャリア」についての勉強会を
開催します。
医学部を卒業したら何科に進むのだろう。どんな病院で働くのだろう。そんな疑
問について現在医療をとりまく環境から,また具体的事例から一緒に学んでみま
せんか?

お申し込みはこちらからお願いします!
http://students.umin.jp/apply-10.html


*** 勉強会のお知らせ ***  (転送,転載歓迎!)
10/3 (日) 第10回勉強会(岡田先生)「医師のキャリアを考える」

医師のキャリア形成は今どうなっているのでしょうか?勤務医,開業医,または
研究の世界へ。
将来の自分の人生と,キャリアについて不安に思ってる医学生も多いと思います

今回の勉強会では,医師のキャリアをめぐる環境の変化とその対応をテーマとし
ています。岡田先生には家庭医としてのご自身の経験を交えつつ,医師の人生計
画のヒントを語っていただきます。

みなさんも一緒に医師のキャリアをもう一度考え直してみませんか?


<<詳細>>
・日時:10月3日(日)16:00〜19:00(15:00開場)
・場所:東京医科歯科大学湯島キャンパス3号館・第1講義室
http://www.tmd.ac.jp/contents2006/map_j.html)8番
・講師:岡田唯男先生(亀田ファミリークリニック館山院長)・中村正志先生(
ニューハンプシャーMC)
・参加費:なし(勉強会終了後,実費にて懇親会開催予定)


<プログラム(予定)>
15:00 開場
16:00〜16:55 中村正志先生の講演「医学生のための、“これだけは知っておき
たい”医師のキャリア事情」
17:00〜18:30 岡田唯男先生の講演「キャリアについての最近のトレンド 〜海
と山はどちらが好きですか?〜」
18:30〜19:00 質疑応答およびディスカッション
19:30〜 懇親会(懇親会には岡田先生,中村先生もご参加下さいます。)
・懇親会会場:炭火焼だいにんぐ 「わたみん家」 御茶ノ水店
http://r.gnavi.co.jp/b077637/
 (費用:3,000円)


<講師紹介>
・岡田唯男先生
神戸大学医学部卒業後,沖縄米海軍病院,京都大学医学部付属病院勤務。
また,米国ピッツバーグ大学メディカルセンター付属シェイディサイド病院家庭
地域医療科で家庭医のレジデントとして研修、その後、FD(facult development)
の研修と公衆衛生大学院を経て、2002年に家庭医診療科部長代理として着任し,2006
年から亀田ファミリークリニック館山院長として活躍なさっています。
Web:(http://www.kameda.com/medi_services/staff.php?d=24&s=143
http://www.scribd.com/doc/3902260/200910Tadao-Okada
(@familydoc on twitter)

・中村正志さん
医師専門の人材紹介会社「ニューハンプシャーMC」の取締役兼シニアコンサル
タント。
医師の転職支援の事業部をゼロから立ち上げ、数百件のマッチングを経験。最近
はそのキャリア
を活かし医学生および研修医向けに講演やキャリア相談に応じています。
Web:(http://www.e-nhmc.com/main_special.html


<お申込先>
下記のフォームにご記入ください。(PC用)
http://students.umin.jp/apply-10.html
※携帯からは、【件名】第10回勉強会 【本文】1.大学名 2.学年 3.氏名 4.懇親
会参加の有無を記載上、(doctorscareer.apply@gmail.com)までメールをお願い
します。
posted by I-cuber at 11:14 | イベント

[11/14 東京] 公開症例検討会 「ティアニー先生の診断アプローチ」

公開症例検討会 「ティアニー先生の診断アプローチ」

詳細と 申し込みフォーム は青木眞先生のブログにあります。

http://blog.goo.ne.jp/idconsult/e/d2a69885ba9f9c3504d06f67a920eabb


---------
『JIM』創刊20周年記念 公開症例検討会 「ティアニー先生の診断アプローチ」

「診断の達人」「鑑別診断の神様」と呼ばれる米国を代表する内科医、ローレン
ス・ティアニー先生による医学生・研修医を対象とした“公開症例検討会”を実
施します。

[日時] 2010年11月14日(日) 13:30〜18:00(懇親会含む)
[会場] 東京都文京区・医学書院本社2階
[講師]
  ローレンス・ティアニー 先生 (カリフォルニア大学サンフランシスコ校内科学教授)
[通訳・コメンテーター]
  青木 眞 先生 (サクラ精機(株)学術顧問/米国感染症内科専門医)
  松村 正巳 先生 (金沢大学医薬保健研究域医学系医学教育研究センター リウマチ・膠原病内科)

[対象] 医学部5、6年生と研修医  [定員] 100名
[参加費] 3,000円(懇親会費を含みます。2010年発行の 『JIM』 ご購入の方
は『JIM』割2,000円となります。当日ご持参・ご提示ください。)

[プログラム](予定)
  13:30〜13:40 ご挨拶および講師&コメンテーター紹介
  13:40〜15:10 症例検討:「ティアニー先生の診断アプローチ」
  (症例提示:松村正巳先生、講師:ティアニー先生、通訳兼コメンテーター:青木 眞先生)
  15:10〜15:30 休憩
  15:30〜16:30 講演:「ティアニー先生のお宝パール」
      (講師:ティアニー先生、通訳兼コメンテーター:青木 眞先生、松村正巳先生)
  16:30〜18:00 懇親会

[応募方法]
  受付開始日時:2010年9月13日(月) 午前10時〜
  専用の応募用紙にてFAXでの先着順受付となります。
  応募用紙は下のバナーよりダウンロードしてご使用ください。
  定員になり次第受付終了とさせていただきます。
  対象以外の方からのご応募および受付開始日時以前のご応募は受付できませんので予めご了承ください。
posted by I-cuber at 11:12 | イベント

2010年09月22日

[10/1 医科歯科大] 第18回アジアパシフィック医療改革フォーラム講演会

【第18回アジアパシフィック医療改革フォーラム講演会のご案内】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●演題:アジアの医療インフラ構築を目指して
●講師:東野徹氏
     メディカルプラットフォーム社長
●講演概要
今回は、医療人のためのSNSMVC-onlineのサポートなど
ユニークなサービスを手がれられているメディカルプラッ
トフォーム社 http://www.medical-platform.jp/
社長の東野徹氏をお招きしてアジアの医療インフラ構築を
目指してというテーマでお話しいただこうと思います。

  メディカルプラットフォームは2005年6月に設立。
従業員数は20名。同社は、医者のみに限定したSNS「MVC-online」
http://www.mvc-online.jp/
医療機器メーカー対象の動画技術マッチングサイト「Do-Ma」
などの展開にユニークさを発揮しており、社会からの関心を
集めています。今回は、起業の経緯、事業の概要、ビジネス
モデルを中心に、「起業後半年は自身の給料がなく、給料が
8万円の時に、ご結婚された」という苦労話から、さらには
アジアの医療インフラという観点から、その現状と同社の世
界規模の将来像とについてという国際的な視野でのお話もお
伺いできるようです。

 気軽な形でwebと医療の可能性につきまして氏とともに皆さ
まとお 話できたらと思っております。是非奮ってご参加くだ
さい
●講師略歴
神戸大学経営学部卒。メーカーにて法人営業、経営企画室、
ロンドン支店勤務を経て退社。その後早稲田ビジネススクー
ル在学中に起業。現在に至る。
●日時:2010 年10月1日(金)
●スケジュール:
19時00分〜 受付開始
19時30分〜19時40分 開会挨拶/講師紹介
19時40分〜20時30分 東野氏ご講演
20時30分〜20時45分 質疑応答
21時00分〜 懇親会
●場所:東京医科歯科大学付属病院 臨床講堂(A棟:地下一階)
救急入り口から(救急入り口は、地下一階です)
http://www.tmd.ac.jp/med/ped/patient/hospitalization/images/vol_recruit_05.pdf
文京区湯島1-5-45
御茶ノ水駅下車 JR総武線(御茶ノ水橋口)徒歩5分、
東京メトロ丸ノ内線(医科歯科口)徒歩3分
●会費:社会人1000円、学生500円(懇親会別途 4000円程度)
●参加申し込みフォーム
http://tinyurl.com/23gnol
●主催:アジアパシフィック医療改革フォーラム
(代表 井手祐二)
●共催:東京医科歯科大学 疾患生命科学研究部 オミックス医療情
報学講座
posted by I-cuber at 09:55 | イベント

2010年09月21日

10月の通し稽古の見学者・受け手役募集

10月に通し稽古をします。

この半年間に術伝流鍼灸操体講座でやってきたことを
3人、5人連続して施術する稽古です。

その稽古の見学者・受け手役を募集しています。

くわしくは以下をみてください。

http://www26.atwiki.jp/jutsuden/pages/184.html

よろしくおねがいします。
posted by I-cuber at 09:40 | イベント

2010年09月15日

[9/19 NHK] ようこそ先輩 骨髄バンク

2010年9月19日(日)8:35〜9:00 総合テレビ
(9月22日(水)11:00〜11:25 BS2)

課外授業 ようこそ先輩
「命のつながりを感じよう!」
大阪府大阪市立淡路小学校
http://www.nhk.or.jp/kagaijugyou/


(番組案内より)
みどころ:日本骨髄バンク創設に尽力し、現在も、様々な命の問題と向き合い、
戦い続けている大谷貴子さん。その原動力には、失われていく命、あきらめざる
を得なかった命に対する苛立ちと怒りがありました。子どもたちと一緒に、
自分の命、友だち・家族の命、そして、命のつながりについて考えます。
posted by I-cuber at 14:53 | イベント

2010年09月14日

[9/19 東京] 勤務医と病院の連帯をめざして 医療制度研究会

医療再生フォーラム21 第1回シンポジウム 〜 勤務医と病院の連帯をめざして〜
http://iryousaisei.jp/symposium.html

日時:9月19日(日) 午後1時30分〜17時
場所:ビジョンセンター(秋葉原)
住所:東京都千代田区神田淡路町2丁目10-6 オークプラザ2F

■シンポジスト
(敬称略・表明順)
 本田 宏(済生会栗橋病院副院長)、 黒川 衛(全国医師連盟代表)
 植山直人(全国医師ユニオン代表)、 小松秀樹(亀田総合病院副院長)
 榎木英介(サイエンス・サポート・アソシエーション代表)
 梅村 聡(参議院議員・民主党適正な医療費を考える議員連盟事務局長)
 福井次矢(聖路加病院院長)、 山崎 學(サンピエール病院院長)
 海野信也(北里大学病院副院長)、 中澤堅次(済生会宇都宮病院院長)
 その他
■ビデオ・メッセージ
 邉見公雄先生、 堺 常雄先生、 西澤寛俊先生、 嘉山孝正先生
◆申込み・連絡先
http://irousaisei.jp/order.html
info01@doctor2007.comまで
posted by I-cuber at 11:47 | イベント

[9/25 東京] 『次のキャリアをどう作るか!』研修医対象キャリアカフェ

『研修医対象キャリアカフェ 〜次のキャリアをどう作るか!』
☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★
日時:2010年9月25日(土)
時間:17:30から約2時間(17:15開場)
場所:銀座ルノワール 銀座6丁目店 マイスペース2階2号室
 ・東京都中央区銀座6-12-10旭ビル2階
 ・地下鉄銀座線銀座駅A3出口徒歩4分
http://www.ginza-renoir.co.jp/myspace/mys043.htm
参加料:無料
対象:研修医限定。5〜10名での開催を予定
   *後期研修病院の選択をしたい初期研修医の方
   *後期研修での科目選択に迷われている方
   *将来の自分のキャリア目標を考えたい方
   *後期研修中だが、転科などを考えている方
   等等
内容:初期研修医、後期研修医の方々にとって、今後の進路を決めていくのは医師と
しての人生を決める重大な選択と言えます。忙しい研修の中で今一度自分のこれまで
の人生とこれからの進路を他の参加者とともに考えることで、今後の進路選択のため
の参考になる会を目指します。なおキャリアカフェの中での発言は自由な雰囲気で考
えておりますが、医師☆キャリメンバーがコーディネーターを務めさせていただきま
す。

●なお当日人数が集まれば2次会も予定しております。
●以前キャリアカフェに来ていただいたことがある方も大歓迎です
●参加者が2名以内の場合、個別のキャリア相談となります。ご了承下さい
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

お申込みについては、問合せフォームから↓
   http://www.ishicari.com/form1.html


…………………………………………………………………………………………
●キャリアカフェとは・・・
なおキャリアカフェとは、若手医師の皆様が自分のキャリア形成について、他の
医学生、医師、研修医と意見を交換する集まりです。医師☆キャリ事務局から
オブザーバーが出席しますが、基本的にはお集まり頂いた医師の方々が自主的に
発言して、情報交換をして頂くものです。出身大学や医局の壁を越えた交流を
目指しておりますので、自分の属する組織にはないキャリアの形を知ることで、
出席者同士が刺激をし合い、自分のキャリアを改めて見直す機会になると思います。
posted by I-cuber at 11:45 | イベント

2010年09月09日

[9/11(土) 福岡] jaih-s 総会ユースフォーラム 2010 プレイベントのご案内

第25回日本国際保健医療学会学術大会 自由集会
jaih-s総会ユースフォーラム2010 プレイベント
『あつまれjaih-s!〜そして明日のユースフォーラムへ〜』

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ■概要
┃ ■趣旨
┃ ■内容
┃ ■お知らせ
┃ ■参加申し込み方法
┃ ■お問い合わせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


■概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□日時
9月11日(土)12:00~13:50

□会場
日本赤十字九州国際看護大学
第8会場 本学講義研究棟2階 講義室204

□会場アクセス
http://www.jrckicn.ac.jp/campus/campus-4.html

□定員 50名

□参加費
事前登録(会員)・・・7000円
事前登録(大学院、留学生、海外研修生)・・・3000円
事前登録(学部、専門学校、高校)・・・1000円
当日(会員)・・・9000円
当日(大学院、留学生、海外研修)・・・4000円
当日(学部、専門学校、高校)・・・2000円

(学術大会への参加費となり、自由集会自体には参加費はかかりません。)

□懇親会
学術大会懇親会終了後、jaih-s懇親会を開きます(3000円程度)


■趣旨
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
翌日に行われるユースフォーラムのプレイベントとして開催いたします。

jaih-sは今期で5年目を迎え、現在までにjaih-s運営委員のOB/OGは100人
を超えました。また、jaih-sのイベントに参加してくれた学生も延べ2800人
を超えます。jaih-sのOB/OG、関係者の多くは、現在既に就職し、医師や
様々な立場で各地域にて活躍されており、尚且つ現在の職につくまで、様々
な経歴を持っておられる方が多くおります。そのため、jaih-s創設5年目と
いう節目の年にjaih-s内でのOB/OGとのつながりを強め、卒業後も継続的
に国際保健を志す仲間と繋がる機会を持つことで、将来、国際保健分野で
活動する上での人的ネットワークを発展させる機会とします。


■内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
キャリアラウンド形式をとり、各講師と参加者の皆様が直接お話できる形式
で開催します。学生に近い立場である講師の先生のご経験を通して今後の
自分への学びにし、参加者の皆様のネットワークの拡大を目指しております。

■講師
jaih-sOB/OGを中心に医師や看護師、現在までにさまざまなご経験を
されている方々をお呼びいたします。

■プログラム
12:00 イントロダクション(jaih-s、ユースフォーラムの紹介)
12:20-12:50 OBOGによる自己紹介
12:50-13:50 フリートークセッション

■懇親会
自由集会終了後(学術大会1日目終了後)懇親会を開催いたします。
jaih-sOB/OGや参加者のみなさまと交流を深めるチャンスです。
参加に関しましては当日お伺いいたします。
皆様のご参加お待ちしております。

時間:20:30〜22:30

■その他
当日はお昼を挟んでの開催となりますので、昼食をとっていただきながら
行ないます。その際に、昼食をご持参ください。
また、当日は飲み物やお菓子をご用意いたします。
お気軽に起こし下さいませ。

jaih-sOB/OGを始めjaih-sの各企画に参加したことがある方、
jaih-sに興味のある方、国際協力の道を考えている方、jaih-sを
通じてネットワークを広げてみませんか?

*プログラムに関しまして、当日変更になる場合もございますので、
ご了承くださいませ。
*詳しくはHPを御覧ください。
http://www.jaih-s.net/modules/eguide/event.php?eid=63

■お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆jaih-s 総会ユースフォーラム 2010
『学生よ、今こそ問う、国際協力は必要か?』

自由集会の翌日の12日に開催されるjaih-s主催の企画になります。

□日時
9月12日(日)10:00〜18:30(9:30開場・受付開始)
□会場
日本赤十字九州国際看護大学

今年度のユースフォーラム2010 は、『様々な人との交流の中で、
自分なりの国際協力の意義や関わり方を見出し、将来の一歩へ繋げる。』
ことを目的として開催いたします。

基調講演として元厚生労働省副大臣の武見敬三先生を始め、数多くの
講師の先生をお招きし、開催いたします。
詳しくは下記のURLより御覧ください。

学生部会ホームページ http://www.jaih-s.net/


◆第25回日本国際保健医療学会学術大会
本ユースフォーラムは、第25回日本国際保健医療学会学術大会
(9月11・12日開催)のサテライト企画として開催されます。
学術大会に加え、その他多数のサテライト企画も予定しております
ので、ご興味がございましたら、こちらも是非ご参加下さい。
http://www.jrckicn.ac.jp/jaih25/


■参加申し込み方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

参加をご希望される方は、下記のURLよりお申込みをお願いいたします。
なお、申し込みはプレイベントの申し込みのみになります。
学術大会、総会ユースフォーラムの申し込みとは異なりますので、
ご了承ください。
また、当日のご参加も可能ですので、お気軽に起こし下さいませ。

http://www.jaih-s.net/modules/eguide/event.php?eid=63

◆注意事項
※自家用車での参加は出来ませんので、ご遠慮下さい。
※周囲にスーパー・コンビ二等がありませんので、ご注意ください。


■お問い合わせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご質問などあれば、info☆jaih-s.net までご連絡ください!
(☆を小文字の@に直してお送りください)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
jaih-sの活動に関する質問やご意見も随時お待ちしております。
日本国際保健医療学会・学生部会窓口 info☆jaih-s.net
(☆を小文字の@に直してお送りください)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
jaih-sに関する詳細はこちらです。
学生部会ホームページ http://www.jaih-s.net/
学会ホームページ http://jaih.jp/
posted by I-cuber at 15:36 | イベント

2010年09月06日

[9/18- 徳島] 世界がもし100人の村だったら など

☆☆☆ TICO合宿 ☆☆☆
URL: http://www.tico.or.jp/aboutTICO/activity/japan/activity/dojo/dojo_about.html

国際協力に興味のある方、
地球規模の課題(貧困、格差、気候変動など)に興味のある方、
世界や日本はこのままでいいのだろうかとモヤモヤしている方、
阿波踊り以外に徳島の楽しみ方を知らない方、
遊びに行きたいけど、友達がつかまらない方、

9月の3連休はTICOで合宿!!

◇過去参加者の声
「自分に何が出来るか、自分は何がしたいのか、世界、日本の現状や問題点といろいろな部分で勉強になった」
「自然に囲まれた生活はとても気持ちがよく、本当に楽しく癒され多くの学びがあった合宿となった」
「アフリカの問題を通じて日本、世界の問題まで考えさせられた」
「学校で国際的な問題をテーマにした授業があったが、表面的なことしか触れていなかったと思った」
「自分の将来のビジョン、学生生活の過ごし方について漠然と思い描くことができた」

----------------------------------------------------------

TICOは合宿を通して、地球規模の課題や国際協力、持続可能な循環型社会について
集中的に学び考えることができる場を提供します。
いつもはグループや団体から依頼を受けて実施しますが、
今回は個人でも参加できるよう、広く一般の方に向けて合宿を実施します。
おひとりでの参加はもちろん、親子と、友人と、是非お集まりください。

日時:9月18日(土)〜20日(月・祝) 昼集合・昼解散
場所:TICO道場(徳島県吉野川市山川町前川120−4、阿波山川駅より徒歩15分)
内容:
1日目 アイスブレイク、TICOの紹介、
   ワークショップ「世界がもし100人の村だったら」(予定)、
   地球人カレッジ「饗場恭子氏(公益社団法人セカンドハンド創設者)
による講演」http://2nd-hand.main.jp/
2日目 農作業、ワークショップ「貿易ゲーム」TICO教材「チャレンジアフリカ」
    TICO代表(吉田修)による講義「国際社会における私たちの役割」
3日目 農作業、シュミレーションワークショップ「宇宙ステーション」、まとめ
参加費:施設利用料1日1,500円(会員の方は1,000円)
    3日間で4,500円(会員の方は3,000円)
    原則全日程参加、食費は自己負担(自炊可)
定員:10名(応募者多数の場合、選考あり。)
参加方法:下記URLより申し込みフォームへアクセスし、必要事項を記入してください。
     
    ※メールでのお問い合わせも受け付けております。
     (1週間以上経っても返事がない場合は再度お問い合わせ下さい)
締切り:9月5日(日)
最小催行人数:4名
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールはTICOの会員、協力者、関連団体等の方々に送信しており、
地球人カレッジやTICOの国内イベントのお知らせをしています。
ご不要の方はお手数ですがこのまま返信してください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問合せ:TICO事務局
TEL:/FAX:0883-42-2271(平日9時半〜18時半)
E-mail:info@tico.or.jp
ホームページ:http://www.tico.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by I-cuber at 10:33 | イベント

2010年09月03日

[10/9 東京] 第3回医療安全推進セミナー

第3回 医療安全推進セミナー

最近よく目にする”院内暴力”とは・・・?!
院内で起きる暴言暴力トラブルには医療者と患者の様々な要因が
考えられます。
今回のセミナーでは、警察介入、訴訟まではいかない、
一般の医療現場でおきやすいトラブルの要因を検討しながら
“医療者と患者が相互に傷つけないため傷つかないため”の対応
について考えます。

■第3回 医療安全推進セミナー
 日時: 10月9日(土)13:30〜16:30
 会場: 日テレ麹町ビル(千代田区二番町14)
 後援:(申請中)厚生労働省、他 医療団体
 ※詳細につきましてはサイトをご覧ください。
 http://www.medical-bank.org/anzen-net/

◇基調講演では
 院内におけるトラブルの現状と課題 として
 全国の医療機関の約6割が患者による暴言暴力を受けており、
 このようなトラブルにより、多くの医療機関が対応に苦慮している。
 そのため医療機関全体で組織対応に取り組むことが重要な課題
 となっている状況を伺います。

◇ディスカッションでは
 暴言暴力のきっかけは苦情、クレームから端を発し、発展している
 のではないか?!
 医療の質と安全の観点から、医療現場に従事する医師、看護師、
 事務職員や患者家族からの体験、報告をもとに、トラブル要因や
 課題をもとに、相互に傷つけないために傷つかないための対応策
 について検討します。

多数のご参加をお待ちしております。
posted by I-cuber at 10:06 | イベント

[9/11 東京] HTLV-1ウイルスについてご存じですか?

子供に元気な未来をつくろう新ママ育児応援バザー
−HTLV-1ウイルスについてご存じですか?−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

開催日時:平成22年9月11日(土曜日)午前10時〜午後4時
対象者:妊婦とその家族や、医療従事者など
会場:東京国際交流館 プラザ平成4階 会議室
最寄駅:
新交通ゆりかもめ「船の科学館」東口より徒歩3分
りんかい線「東京テレポート」B出口より徒歩15分

■イベントの詳細:http://www.hamuru.com/event.html


≪開催内容≫
講演&討論会(正午〜午後3時30分予定)
※正午〜午後1時
講演
「HTLV-1 母子感染 Up to date - 全国的な妊婦スクリーニングの必要性 - 」
演者:齋藤 滋先生
富山大学付属病院周産母子センター長・富山大学 産科婦人科学教室 教授

※午後1時15分〜3時30分
討論会
「知ってください!HTLV-1のこと」

司会:
石母田 衆(特定非営利活動法人はむるの会 理事)
■はむるの会ホームページ
http://www.hamuru.com/index.html

パネリスト:
齋藤 滋(富山大学付属病院 周産母子センター長、富山大学 産科婦人科学 教授)
山野 嘉久(聖マリアンナ医科大学 難病治療研究センター 准教授)
菅付 加代子(NPO法人日本からHTLVウイルスをなくす会 理事長)
山越 里子(NPO法人はむるの会 理事長)
坂本 信博(西日本新聞社 記者)
坂上 博(読売新聞社東京本社 記者)
澁谷 美雪(医療法人虎の門会 霞ヶ関アーバンクリニック 看護師長)

共催 特定非営利活動法人 日本からHTLVウイルスをなくす会
後援 日本産婦人科学会、西日本新聞社、毎日新聞社、読売新聞社

※その他、子育て支援・食育のブースの出展、バザー、赤ちゃんとコミュニケー
ションできるおててサインのワークショップ、演奏会を開催する予定。
posted by I-cuber at 10:03 | イベント

2010年09月01日

【9/1 東京浜松町】 「チーム医療推進協議会」第1回勉強会

(以下転送)------------------------------------------

医療ガバナンスNEWS
▽「チーム医療推進協議会」第1回勉強会のお知らせ▽

ご案内をいただきましたので、

情報を提供させていただいております
2010年8月31日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行
http://medg.jp
------------------------------------------------------------
NEWS

「チーム医療推進協議会」第1回勉強会のお知らせ

日時:2010年9月1日(水)18時半〜21時
場所:日本放射線技師会会議室(浜松町駅直結 世界貿易センタービル31階)

ゲストスピーカー:米国M.D.アンダーソンがんセンター腫瘍内科 上野直人教授
インタビュアー:医療ジャーナリスト 福原麻希

参加費:3500円(すでに、当日申し込みでのご案内になりますこと、ご了承お願いします)

申し込みは以下のホームページの用紙をFAX(03−5405−3613)してください。
http://www.team-med.jp/index.html (HPは一部公開中)

http://www.team-med.jp/news/news_details.php?id=266

問い合わせ先:チーム医療推進協議会事務局 FAX:03−5405−3613


★「医療の根幹は、名医でも、最新の医療機器でもなく、
『患者を中心として、チーム医療だ!』と言えるようになるために」★
チーム医療について、みんなで考えてみましょう!


米国1、2位といわれる、M.D.アンダーソンがんセンターで臨床に携わり、「患者中心のチーム医療」を熟知した上野直人教授から、日本の患者と家族のために、チーム医療を実践するためにはどうすればいいか、参加者とディスカッションします。


MDAでもチーム医療が軌道に乗るまでに、20年、30年と時間がかかってきました。その課題はアメリカでも日本でも似通っているようです。私たちにも、MDAのようなチーム医療が実践できる可能性があります!

そこで、先駆的な実践内容を伺いながら、私たちがこれから実践するチーム医療のあり方を一緒に考えていきましょう。
そして、厚生労働省に提言していく内容についても検討していきましょう。

当日は、公開インタビューの形式を取ります。その際、上野先生は腫瘍内科の医師であり、肉腫の患者さんでもありますが、がんに特化することなく、「チーム医療」全体の話をします。日頃、疑問に思っているチーム医療についての質問があ
りましたら、ぜひ申込用紙に書き込んでください。当日、上野先生に回答して頂きます。
posted by I-cuber at 11:00 | イベント

水曜日の夜、「医療を変える・現場から変える」へのお誘い

(以下転送)------------------------------------------

国際医療福祉大学の水曜夜の公開講座のご案内、
9月22日から、毎週水曜簿の授業です。
終了後のイタリア料理屋さんでの懇親会も人気です。
講師に感動 友人の輪が広がります。何人かで申し込むと割引になります。


【医療を変える・福祉を変える・現場から変える】

ターミナルケア・胃ろう・癌・認知症・歯科医療・お産・医療費・
インフォームド・コンセントなどをめぐる身近な倫理をとりあげ、
現実に変革しつつある方々をお招きして現場の視点、専門職の視点、患者の視点、
国際的視野で考えます。
大学院のサイトは、
http://www.iuhw.ac.jp/daigakuin/nogizaka/2010_s/07.html
開催会場、申し込み方法は末尾に(^_-)-☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★★★☆☆☆☆☆☆★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1 9月22日(水)19:40〜21:10
【日本の素晴らしいところ・ダメなところ】
国際医療福祉大学大学院教授  大熊 由紀子さん

2 9月29日(水)19:40〜21:10
【患者と医療者をつないだ「うそをつかない医療】
隠さず、逃げず、ごまかさないを貫いている
新葛飾病院 院長の  清水 陽一さん。
ご自身、再発癌と闘病中の身で、渾身の講義をしてくださいます
http://www.nursing-plaza.com/column/200808/

3 10月6日(水) 19:40〜21:10
【患者にしか語れない言葉がある。それをウェブでサイトで伝える挑戦】
 乳がん、前立腺がんのの体験者が、みずから顔をだして語るサイト
 http://www.dipex-j.org/  をつくりあげた意味と
 実現までの挑戦について話してくださいます。
 ディペックス・ジャパン理事長 別府宏圀さんと事務局長佐久間りかさん
http://www.yuki-enishi.com/challenger-d/challenger-d65.html

4  10月13日(水)19:40〜21:10
【見えない身で精神科医になって変えたこと】
視覚障害をもつ医師の会 事務局長・精神科医  大里晃弘さん
東京医科歯科大学医学部在学中に失明。医師になる道を断たれたのですが
恩師や友人のサポートと2001年の法改正で医師免状を取得。
ご自身のサイトは、http://www.hslnpo.com/osato/ http://osatonet.exblog.jp/

5  10月20日(水)19:40〜21:10
【薬害被害者が変えたこと変えられなかったこと!】
薬害HIV訴訟大阪原告団代表  花井十伍さん
幼くして血友病と診断され、血液製剤でHIVになり、エイズ差別の対象にも。
「薬害エイズ被害者の立場は、一般人の未来の立場」と語ったインタビューは、
http://www.sairosha.com/mook2-interview.htm
阪大での講義で「断固糾弾!というスタイルをとらないのはなぜですか?」
という質問に「芸風の違いでしょう」とサラリといってのけて
学生たちをうっとりさせた模様やジャニーズ系の風貌が、
ゆき先生のサイトに載っています。

6 10月27日(水)19:40〜21:10
ムンテラからインフォームド・コンセントへ、そして……
国際医療福祉大学大学院 教授  大熊 由紀子さん
http://www.yuki-enishi.com/informed/informed-01.html

7 11月10日(水)19:40〜21:10
口から食べられなくなったらどうしますか?
芦花ホーム 医師  石飛幸三さん
40年以上外科医として活躍し、『患者が決めた!いい病院ランキング』で外科部門の1位に
なったほど。済生会中央病院副院長をへて、特養ホームで、平均年齢は90歳、9割が認知症
という人々の医療面を支えています。そこでの体験をもとに書いた
『「平穏死」のすすめ 』は、いま各界に衝撃を与えています。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/3006
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/100228/bks1002280832002-n1.htm

8 11月17日(水)19:40〜21:10
産婦人科領域の倫理と非倫理/内部告発という名のボランティア
金沢大学医学部産婦人科講師  打出喜義さん
上司の教授の非倫理な臨床実験の裁判で、
はからずも、患者の身になった証言をしたことから、数奇な運命に。
この事件がなければ、大学教授間違いわれていた心優しいドクターです。
http://www.yuki-enishi.com/challenger-d/challenger-d24.html

9 11月24日(水)19:40〜21:10
聞こえない弁護士が提言する医療福祉の人権改革
弁護士  田門 浩さん
聾の身で東大法学部を卒業、現在は都民総合法律事務所所属。
http://www.hat.hi-ho.ne.jp/at_home/long/long11.html
http://www.hat.hi-ho.ne.jp/at_home/long/long11.html
千葉県聴覚障害者協会 総括マネージャー 山口 千春さん
が手話通訳してくださいます。

10 12月1日(水)19:40〜21:10
介護保険で改革したこと・改革できなかったこと
国際医療福祉大学大学院教授  大熊 由紀子さん
300人近い関係者を訪ねてことし岩波書店から刊行された
「物語・介護保険」上下2巻の裏話も含めて。。
http://www.yuki-enishi.com/kaiho/kaiho-00.html

11 12月8日(水)19:40〜21:10
診療報酬の透明化で医療を変える
中央社会保険医療協議会委員  勝村 久司 さん
天文学が専門の高校の物理の先生が、愛娘、
星子ちゃんの理不尽な死を真相をつきとめるうちに、
レセプトなみの領収書の開示を求める市民運動の先頭に。
そして、中医協の委員に。
http://www.yuki-enishi.com/messages/messages-13.html

12 12月15日(水)19:40〜21:10
目からウロコの歯の革命
歯科医  熊谷 崇 さん
高齢になっての幸せは、歯が健康かどうかに大きく左右されます。
外車を乗り回す高名な歯科医から一転。
酒田市のこどもやお年寄りの歯の健康を日本一にした業績で、
スウェーデンの名誉博士号を授与された歯科界では知らぬ人のない方です。
http://www.yuki-enishi.com/challenger-d/challenger-d42.html

13 12月22日(水)19:40〜21:10
現場から変えたパイオニアの背景を考える
国際医療福祉大学大学院 教授  大熊 由紀子さん
http://www.yuki-enishi.com/challenger-d/challenger-d00.html

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★★★☆☆☆☆☆☆★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆

開催日時   9月22日開始/水曜/19:40〜21:10
ナマ授業会場   国際医療福祉大学 東京青山キャンパス
      (東京メトロ半蔵門線・銀座線・都営大江戸線 青山一丁目駅2分)

大田原本校・小田原・福岡天神・大川キャンパスにお越しになれる方は、
遠隔授業システムで質疑応答できる同時双方向授業に参加できます

○インターネット同時中継も行います。
授業日から1週間、ご都合のよい時間帯にごらんになれます。
日本のどこででも受講できるインターネット受講のコースのみの申し込みもOKです。

受講料 30,000円(全13回)
※何人かで申し込むと割引に 2名申込 28,000円/1名。 56,000円
              3名申込26,000円/1名。  78,000円。
     4名以上申込24,000円/1名。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★★★☆☆☆☆☆☆★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
受講をご希望の方は、
    http://www.iuhw.ac.jp/daigakuin/nogizaka/guide2010.html

インターネットでの申し込みが不得意な方は
電話:03-6406-8621の乃木坂スクール担当にお電話を。
posted by I-cuber at 09:49 | イベント

[9/04 東京] 今こそ医療基本法を

◆第3回設立記念シンポジウム◆「今こそ医療基本法を」

 上記シンポジウムは「医療基本法」制定に向けた"キックオフ"シンポジウムです。
 政権交代からわずか1年にもかかわらず、政治の混迷は深まるばかりで、私たち
患者・家族にとりましても、国の医療政策に強い不透明感を覚える昨今です。
この時期、これまで積み重ねてきた勉強会を踏まえ、「医療基本法」の制定に向けた
キャンペーンを活発化させようと企画しました。
 今回、シンポジウムのパネリストには、「医療基本法」に対して、それぞれの立場
から自由な発言をいただき、法制定に向けた大きな流れにつなげたいと期待してお
ります。皆様の多数のご参加をお待ちしております。

■日 時:9月4日(土)13:30〜16:30 (13:00開場)

■出演者:横倉 義武 氏(日本医師会副会長)
     鈴木 利廣 氏(「患者の権利法をつくる会」世話人)
     藍原 寛子 氏(東京大学医療政策人材養成講座4期医療基本法チーム)
     長谷川 三枝子 氏 (患者の声・協議会代表世話人)
     司 会:埴岡 健一 氏 (患者の声・協議会事務局長)

■会 場:全社連研修センター大会議室

■参加費:無 料

■お申し込み:
FAXもしくはメールで8月31日(火)までにお申し込み下さい。
 mail: patients.voice.mag@gmail.com
 fax:03-3445-5099

--ここから下をコピー&ペーストの上、ご返信下さい--
----------------------------------------------------
第3回設立記念シンポジウム「今こそ医療基本法を」に参加を申し込みます

団体名:

お名前:

役 職:

会員種別:正会員 個人賛助会員 団体賛助会員 一般
----------------------------------------------------
■全社連研修センター:東京都港区高輪3−22−12
◆JR品川駅 高輪口より徒歩7分。
◆品川駅から第一京浜(国道15号)を約350メートル北上。
「タマホーム」脇の細い道を左折すると奥の右手に研修センターの建物が見えます。
-----------------------
posted by I-cuber at 09:41 | イベント

2010年08月26日

[9/2 東京] UNAIDSシディベ新事務局長・就任後初来日記念講演

 UNAIDSシディベ新事務局長就任後初来日記念講演
「UNAIDS新事務局長と語るエイズの現状とビジョン」

 昨年、国連合同エイズ計画の新しい事務局長となったミシェル・シディベ氏が就任後初めて来日し、公開の場で直接、国連のエイズ対策の責任者として世界のエイズの現状と今後のビジョンについて語ります。

 本講演では、日本の現場からの現状報告のあと、世界のエイズの現状と今後のビジョンについて、シディベ事務局長からわかりやすく語っていただきます。日本そして世界のエイズの今を知り、そこになにができるか、みなさんと考えられればと思います。

  *****

◆主催: 厚生労働省、(財)エイズ予防財団
◆共催:   東京大学医科学研究所GCOE
◆日時: 2010年9月2日(木)16:00〜17:45 (開場 15:30)
◆会場: 東京大学医科学研究所(〒108-8639 東京都港区白金台 4-6-1)
        http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/access/access/
◆参加費: 無料
◆言語: 英語による発表時のみ逐次通訳あり
◆プログラム:
 15:30 開場
 16:00 開会挨拶 厚生労働省健康局疾病対策課
 16:05 話題提供「日本のHIV の予防とケアの現場から」
      演者:生島 嗣(NPO 法人ぷれいす東京)
      座長:岩本愛吉(東京大学医科学研究所)
 16:25 講演「世界のエイズの現状と国際社会の取組み(仮称)」
      演者:ミシェル・シディベ(国連合同エイズ計画事務局長)
      座長:木村 哲(財団法人エイズ予防財団理事長)
 17:15 質疑応答
      出席者:ミシェル・シディベ(国連合同エイズ計画事務局長)
          生島 嗣(NPO 法人ぷれいす東京)
      座長:木村 哲(財団法人エイズ予防財団理事長)
 17:40 閉会挨拶 島尾忠男(財団法人エイズ予防財団会長)
 17:45 閉会
  *****

参加申込:(定員になり次第締め切り)
メールかFAXで、以下ご記入の上、(財)エイズ予防財団 宛に申し込み願います。
(メール:event0902@jfap.or.jp FAX:03-5259-1812)

記入事項:
 ■氏名(ふりがな)
 ■所属
 ■連絡先
 ■参加人数
 ■電話番号
 ■FAX番号
 ■メールアドレス

※シディベ氏は、アフリカのマリ共和国出身。長年、アフリカ各国をはじめ国連でエイズ対
策に携わった後、2009年に国連のエイズ対策のリーダーであるUNAIDS事務局長および国連事務次長に就任し、世界のエイズ対策の先頭に立っています。

※当日の取材ご希望の方は以下エイズ予防財団担当までご一報ください。
※シディベ事務局長は当日13 時半-15 時に日本記者クラブで記者会見を行います。
 記者会見問合せ先: 産経新聞編集委員、宮田一雄(miyata@mtg.biglobe.ne.jp)

詳細は、http://api-net.jfap.or.jp/event/others_event/unaids100902.htmlをご覧ください。
posted by I-cuber at 09:48 | イベント

2010年08月17日

[10/09- 浜松] 日本医師鍼灸研究会セミナー

(以下転送です)----------------------------------------------

第11回日本医師鍼灸研究会セミナー お知らせ

平成22年10月9,10,11日 浜松市間宮内科クリニックにて行われます。
中澤弘先生の講義、患者さんへの診療を通じて明日から役に立つ鍼灸診療の
実力アップを目指します。
今までややもすると非常に難しい症例に中澤先生が神技にも近い診療技術を披露
するという傾向もありました。今回はありふれた肩凝り、腰痛、膝、足の痛みに
初心者でも明日から直ぐに対応できる技術を習得する実践的な実習にも時間をかけます。
中医学、日本鍼灸、欧米の鍼灸のいいとこ取りを目指すグローバルな鍼灸講座です。
http://www.mamiyaclinic.com/new/new015.html
先生方のご参加をお待ちします。
posted by I-cuber at 12:21 | イベント

[9/11 名古屋] ジェネラリストを目指す研修/育成する研修を考えるフォーラム2010

(以下転送)------------------------------------------
***************************************************
ジェネラリストを目指す研修/育成する研修を考えるフォーラム2010
ー地域と多施設で取り組むジェネラリストの育成ー

ジェネラリストを目指すあらゆる方のニーズにこたえる、フレキシブル
な「ジェネラリスト専門医養成プログラム」では、名大病院の他、中部
地区の市中病院の他、診療所ともリンクして研修ができます。今年は、
各施設で学ぶ当プログラム生の研修報告を土台に、多施設で学ぶコツを
考えてみたいと思います。また米国でトレーニングされ、帰国後、
能登半島で家庭医療を展開するけいじゅファミリークリニックの
吉岡哲也院長をお迎えして、「家庭医療への取り組み・研修・質の向上」
と題して、地域で取り組む家庭医療について講演を用意いたしました。
皆様の参加をお待ちしております!

時:平成22年9月11日(土):13−18時
処:名古屋大学医学部基礎棟一階会議室 (JR中央線鶴舞駅徒歩一分)
対象:プライマリ・ケア(家庭医や総合診療の概念含む)の研修に
興味がある医師・ジェネラリストの育成に興味がある医師
内容:1)プログラム生報告
   2)多施設で有意義に研修するコツ
   3)特別講演 (吉岡哲也院長)
参加申し込み締め切り:9月5日(日)
問合せ:名古屋大学病院総合診療科 西城卓也
    電話・FAX:052-744-2951
    mail:tsaiki@med.nagoya-u.ac.jp
***************************************************
posted by I-cuber at 12:20 | イベント

2010年08月10日

[9/04 島根] 全国校区・小地域福祉活動サミットin松江

 =================================
  「校区の時代がやってきた!住民が築く17の小地域福祉活動」
  小・中学校区などの小地域で行われている、住民同士の支え合いを基盤
 とした地域福祉活動が今、注目を集めています。
  その主体は、校区(地区)の社会福祉協議会や自治会・町内会のほか、
 ボランティアグループやNPO法人、社会福祉法人など多様ですが、どれも住
 民が自らの手で、自分たちの地域の福祉を築いていこうとする方向と意欲
 は共通しています。
  本書では、全国の17の先駆的事例を掲載!なぜその地域で活動が起こり、
 今どのような状況にあるのかを紹介しています。折りしも、国がこのよう
 な住民相互の助け合い運動を促進する方針を打ち出しました。さあ!あな
 たの地域でも取り組もう!
  ○詳細:http://www.clc-japan.com/book/book.cgi?mode=info&bid=164
 =================================
     ☆第4回全国校区・小地域福祉活動サミットin松江★
  昨年、滋賀県大津市で開催された、「校区サミット」が今年は、島根県
 民会館を主会場に松江市で開催されます。
  4回目の開催となる今回は、フィールド分科会を設けたり、実践者自らが
 手をあげて報告を行うセッションを設けたりするなど、これまで以上に「相
 互交流」ができるようなプログラムを企画しています。
  全国各地で小地域福祉活動実践が集うこのサミットに、ぜひご参加くださ
 い!
   ●日時:2010年9月4日(土)
   ●会場:島根県民会館(島根県)
   ●詳細:http://www.clc-japan.com/event/event.cgi?mode=details&num=403
 =================================
posted by I-cuber at 09:47 | イベント