2010年08月09日

無料で栄養バランスチェック!

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
“ワンコイン健診”の『ケアプロ株式会社』がお送りする新サービス
無料でできる生活習慣病予防アプリ!
『栄養バランス検定』 http://a-ken.me/
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

「ちょっと立ち寄り、ちゃんと健康」をモットーに、ワンコイン健診を行っている
ケアプロ株式会社が、新しいサービスを開始しました。

その名も、『栄養バランス検定』!
http://a-ken.me/

若いからって健康とは限らない!?…とは言うものの、食生活が乱れている
若い人の場合、検査結果の値にそれが反映されていない傾向があります。
このままではその人たちは年を重ねることで生活習慣病になって
しまうのではないか!?それではいけない!!

そこで!

ケアプロは若い方々が、自分の健康や食生活について気軽に関わる
ことができるサービスを開発しました。

それが
『栄養バランス検定』です!!
http://a-ken.me/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□特徴1□■
3択の問診に答えるだけ!モバイルやPCから誰でも気軽にアクセスし、
栄養バランスを検定できます。

■□特徴2□■
生活習慣病に関連する、血糖値・総コレステロール・中性脂肪・血圧・
骨密度、これらすべての結果が3段階その場で表示されます。

■□特徴3□■
項目ごとにアドバイスやオススメ食材の表示があり、食生活の偏りの
気づきをその場ですぐに改善に繋げていけます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『栄養バランス検定』は、ケアプロ株式会社と株式会社ヒメナ&カンパニーの
共同リリースであり、株式会社GREEN GATE監修のもと提供しております。

■ケアプロ株式会社(http://carepro.co.jp
市民の生活習慣病予防と我が国の医療費削減をミッションに、どなたでも
簡単に検査を受けていただけるように、血糖値や総コレステロール、中性脂肪
などが1 項目500 円から保険証不要で検査できる「ワンコイン健診」
を提供しています。

「ワンコイン健診」は、社会貢献に関連した社会起業(ソーシャルベンチャー)
を支援するNEC社会起業塾(http://www.etic.or.jp/svip/) より事業全体への
助言や資金・PCの提供を受けています。また、ケアプロの事業プランは、
東京大学医療政策人材養成講座で優秀成果物「特賞」、慶應義塾大学SEA
(ビジネスプランコンテスト)で"The best new markets award"を受賞し、
現在は慶應義塾大学KEIPの支援を受けています。

■株式会社ヒメナ&カンパニー(http://hymena.jp/
遺伝子情報の有益性を活用し「病気を治す」のではなく「病気を未然に防ぐ」
という新しい健康市場に適応したサービスを提供しています。

■株式会社GREEN GATE(http://www.greengate.co.jp/
個々人の食生活・食習慣の改善、健康的なダイエットを管理栄養士が添削
形式でアドバイスを行う「赤ペン添削ダイエット」を提供しています。
posted by I-cuber at 09:29 | イベント

[8/20 幕張] ラップ研究成功を祝う会のお知らせ

第4回創傷ケア研究会 ラップ研究成功を祝う会のお知らせ

本年はラップ療法にとって大事件続出,記念すべき年になりました.
3月の日本褥瘡学会理事会のラップ療法を条件付で容認する見解の発表に
続き、6月には水原研究グループによる「ラップ研究」が完成しました.研究会
では、水原章浩先生自ら「ラップ研究」についてご報告いただきます。会場でラップ
療法の過去,現在,未来について、大いに語りあいましょう.

創傷ケア研究会は今回が最終回です。多忙の折とは存じますが、万障お繰
り合わせの上ご出席賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

開催日:2010年8月20日(金)(第12回日本褥瘡学会初日)
会場:東京ベイ幕張(TEL 043-296-1111)(褥瘡学会会場の 幕張メッセより徒歩5分)

懇親会会場:東京ベイ幕張46階スカイバンケット
会費:シンポジウム参加費:1000円
懇親会参加費:7000円(シンポジウム参加費を含みます)
申込み先(メールにて):
参加者名,所属,参加内訳(シンポジウム/懇親会)を明記してお申し込みくださ
い。
Eメール saranwrap00@yahoo.co.jp(鳥谷部俊一)まで

【プログラム(予定)】
● プログラム:ラップ療法研修会
17:00〜18:15 「たかがラップ療法,されどラップ療法」
       演者 たかせクリニック顧問 鳥谷部俊一
ラップ療法の誕生秘話、進化の歴史、最新のラップ療法、ラップ療法流床ずれ予
防、ラップ療法の未来ほか、実演つきで解説します。
18:15-18:45 「財形福祉協会助成研究事業 ラップ研究結果報告」
       演者 東鷲宮病院副院長 水原 章浩
● 懇親会
19:00-21:00  懇親会場はホテル最上階です。素晴らしい夜景もお楽しみください。

会場アクセス: アパホテル&リゾート <東京ベイ幕張>
http://www.tokyobay-makuhari.com/access.html

住所 千葉県千葉市美浜区ひび野2-3 電話番号 043-296-1111
アクセス JR京葉線「海浜幕張」駅 徒歩5分 「海浜幕張」駅より直通バス定時
運行
「海浜幕張」駅までの所要時間 東京駅よりJR京葉線快速で約30分
posted by I-cuber at 09:28 | イベント

2010年08月06日

[8/23〜8/25 長崎] 熱帯医学研究所 夏合宿のお知らせ

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
参加者募集のお知らせ

jaih-s Meet the NEKKEN 長崎大学熱帯医学研究所 夏合宿
『学生よ、書を持って、フィールドへ出よう!
       〜熱帯医学研究から広がる国際保健〜』

開催日:2010年8月23日(月)9:00 〜 2010年8月25日(水)16:00
開催地:長崎大学熱帯医学研究所
URL:http://www.tm.nagasaki-u.ac.jp/nekken/
http://www.jaih-s.net
主催:日本国際保健医療学会学生部会(jaih-s)
共催:長崎大学熱帯医学研究所
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本国際保健医療学会学生部会(jaih-s)は、国際保健医療
分野に関心を持つ様々な分野の学生が集まった団体です。
国際保健医療分野の第一線でご活躍されている先生方のご協
力の下、ともに学びあう場、将来の国際保健医療を担う人材
育成の場となるべく、活動をしています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ■概要
┃ ■趣旨
┃ ■内容
┃ ■参加申し込み方法
┃ ■お問い合わせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


■概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□日時
2010年8月23日(月)9:00 〜 2010年8月25日(水)16:00
□会場
長崎大学熱帯医学研究所
□会場アクセス
http://www.tm.nagasaki-u.ac.jp/nekken/access/index.html
□定員 10名
□参加費 500円(資料代として))
実習期間中の交通費(熱研までの交通費)、宿泊費、食費、
原爆資料館などの入場料(200 円)は実費となります。
□懇親会 2010年8月24日講義終了後、先生、修士の学生、アフリ
カをはじめとする世界各国からの留学生を交えたパーティを開きます。


■趣旨
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
国際保健を学びたいという学生が、国際保健を学びたいと
考えたときに、国際保健を体系的に教えることの出来る講
座を持っている機関は、日本では非常に少ない。

国際保健を学びたい多くの学生は、学外のセミナー、講座、
海外で実際に国際保健をおこなっている人の体験談を利用
しながら、各自で学習をしていることが多い。
あるいは、国際保健を学びたいと漠然と考えて、大学に入
ったもののなにから、学び始めればいいのか解からないと
いった人も多いかと思う。

この様な学生を対象に、熱帯医学という多彩な講座をもつ
長崎大学熱帯医学研究所のお力を借りることにより、包括
的に国際保健全ての分野の概要を一度に学べる機会を設け
たいと考える。
そして、国際保健という分野の中で、さらにどの分野を学
びたいか、どのように勉強していけばいいかを見つめる機
会を提供したい。

さらに、長崎大学の研究者の先生から最新のリサーチを拝
聴し、熱帯医学研究所の思想、研究者の思想を学びとりた
い。



■内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
熱研の先生方の講義、またそのキャリアを聞くことを通して、
国際保健、熱帯医学の広がりを知る。とくに熱研としてリサー
チの大切さを知る。
中堅研究者による「わたしの歩んでいる道」合計で4名程度の人選
をして、主として、自分の研究について、その喜怒哀楽、夢(と
現実)を語っていただく。
参加者からの質問時間を多くとり、当日、熱研に居る修士(熱帯医
学、公衆衛生)学生、研修課程学生との交流の時間をつくり、なぜ
今ここで勉強しているのかを聞かせていただく。


・8月23日(月)
【講義】 9:00〜10:00 「熱帯医学とは」(平山所長)
【講義】 10:30〜11:30「熱帯医学の臨床」(有吉先生)
【講義】 13:30〜14:30「途上国の子どもの病気」(神谷先生)
【まとめ】15:00〜16:00「ワールドカフェ」
【見学】 16:00〜   「原爆資料館見学」
【学生交流会】19:30〜22:30 「参加学生の交流会」



・8月24日(火)
【講義】 9:00〜10:00 「熱帯地とウイルス病」(森田先生)
【講義】 10:30〜11:30「国際保健とは」(山本先生)
【講演】 13:30〜16:30「若手研究者、夢を語る」
【パーティ】18:00〜20:30 「先生、修士の学生、世界からの留学生との交流」



・8月25日(水)
【講義】 9:00〜10:00 「熱帯地と寄生虫」(濱野先生)
【講義】 10:30〜11:30「病害動物・蚊」(皆川先生)
【講義】 13:30〜14:30「長崎大学の3つの熱帯医学教育課程の紹介」
【発表】 15:00-16:00 「WS 学んだ内容を世界のどこのフィールドで生かすか」



※講義、パーティ、学生交流会の内容、およびタイムスケジュールは、
当日までに変更になる場合があります。ご了承下さい。


■参加申し込み方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

参加をご希望される方は、以下URLの【申し込みフォーム】より
お申し込み下さい。

配布資料の準備や会場の都合のため、お早めの申し込みをお願い致します。

http://www.jaih-s.net/modules/eguide/event.php?eid=58


■注意事項
※自家用車での参加は出来ませんので、ご遠慮下さい。
※事前申し込みは定員に達し次第、締め切らせて頂きます。

■宿泊のご案内
 現在、参加者が、まとめて泊まれる宿泊先を探しております。
 決定次第、参加者に連絡させていただきます。


■連絡・お問い合わせ先
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本企画に関しまして、ご質問等ございましたら、下記連絡先まで
お気軽にお問い合わせください。
国際保健 学生フィールドマッチング事務局
matching-out ☆ jaih-s.net
(☆を@ に変えてご連絡ください)

jaih-sに関する詳細はこちらです。
学生部会ホームページ http://www.jaih-s.net/
学会ホームページ http://jaih.jp/

(文責:川口)
posted by I-cuber at 09:53 | イベント

2010年08月05日

[8/21 東京] 医学生のためのキャリアカフェ(勉強会)

極暑の候、皆様にはいっそうご活躍のこととお慶び申し上げます。
さて、8月も医学生の皆様に向けたキャリアカフェ(勉強会)を開催いたします。
まだ参加したことのない医学生の皆様はぜひご参加下さい!

キャリアカフェについての詳しい説明はこちら↓
http://www.ishicari.com/cont5/main.html

☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★

<医学生のためのキャリアカフェ(勉強会)のお知らせ>
『大学の壁を越えた交流で、自分のキャリアを考えよう!』

☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*☆★*
日時 :8月21日(土)
時間 :17:30から約2時間(17:15開場)
場所 :銀座ルノワール 銀座6丁目店 マイスペース2階5号室
    ・東京都中央区銀座6-12-10旭ビル2階
    ・地下鉄銀座線銀座駅A3出口徒歩4分
    (http://www.ginza-renoir.co.jp/myspace/mys043.htm
参加料:無料
対象 :医学生限定(グループで参加していただいても結構です)。
    5〜10名での開催を予定
    *初期研修病院最後の選択をしたい方
    *初期研修病院について色々調べたい方
    *どの科に進もうかを具体的に検討していきたい方
    *将来の自分のキャリア目標を考えたい方
    *医師のキャリア形成というものに関心があり情報交換をしたい方、等

内容 :医学生として、今後どのようなキャリアを作っていければよいのか?という
    観点で研修病院のこと、科目選択のこと、将来の医師像などを自由に発言
    していただきます。
    なお発言は気軽に自由な雰囲気で考えていきますが、別々の大学に在籍の
    医学生の皆様がキャリアについて話し合い、多様な考え方を知ることで
    今後の進路選択に何かしら参考になるような会を目指していきます。

●なお当日人数が集まれば2次会も予定しております。
●以前キャリアカフェに来ていただいたことがある方も大歓迎です

お申込みは
・問合せページ
http://www.ishicari.com/form1.html
または
・下記のフォームを利用し、このメール宛(hmitsuzawa@e-nhmc.com)に返信して
 下さい。

-----------------------------------------------------
お名前:
ふりがな:
大学名:
メールアドレス:
その他問合せなど:
-----------------------------------------------------
…………………………………………………………………………………………

●キャリアカフェとは・・・

なおキャリアカフェとは、若手医師の皆様が自分のキャリア形成について、他の
医学生、医師、研修医と意見を交換する集まりです。医師☆キャリ事務局から
オブザーバーが出席しますが、基本的にはお集まり頂いた医師の方々が自主的に
発言して、情報交換をして頂くものです。出身大学や医局の壁を越えた交流を
目指しておりますので、自分の属する組織にはないキャリアの形を知ることで、
出席者同士が刺激をし合い、自分のキャリアを改めて見直す機会になると思います。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。
posted by I-cuber at 09:39 | イベント

[8/17東京]看護学生・看護師向けキャリアセミナー

■看護師・看護学生向けキャリアセミナーのご案内
『天職の見つけ方〜看護師には100万通りのキャリアがある〜』

■主催:株式会社ENERGIZE
■セミナー開催の趣旨:
看護職は100万人以上。

看護師一人一人、独自のキャリアがあります。

看護は看護でも、
自分にぴったりの看護(天職)とは?

その見つけ方のヒントをお伝えし、
実際に、自分の天職を考えるきっかけとしていただければ、
と思います。

■開催概要:
日時:8月17日(木)18時半開場、19時開始〜21時終了
場所:国立オリンピック記念青少年総合センターセンター棟

http://nyc.niye.go.jp/users/center.html

対象:看護学生および看護師限定
参加費:無料(初回トライアルのため)
特典:友人をお連れ頂くと素敵なプレゼント(紹介元・紹介先の両方の方に)
先着:30名

■プログラム:
1.主催者挨拶
2.講演
講師:田中智恵子
『思考の改善で看護師のキャリアに変革を起こす』

■講師プロフィール:
産業能率大学情報マネジメント学部非常勤講師 潟<fィカルクリエイト社コンサルタント 産業保健師
大学卒業時、クリティカルシンキングを学び、今後の看護に、知識習得だけではなく、思考する技術の習得の必要性を実感する。以後、コンサルタントとして看護・介護の現場に論理思考を取り入れた、業務改善、質の改善に従事する。医療の問題解決手法の講師として病院、施設、企業、大学等で講演や研修を実施。東京大学医学部健康科学看護学科卒業(編入)。東京大学大学院医学系研究科修士課程終了。

■申込方法:
参加を希望される方は、8月10日(火)までに
fumino@energize-group.co.jp(担当:文野)に
下記の内容をメールにてお送りください。
1)所属
2)氏名
3)連絡先メールアドレス
posted by I-cuber at 09:38 | イベント

2010年08月04日

[8/14 札幌]第9回札幌GPカンファレンス

第9回札幌GPカンファレンスのご案内です。

<第9回カンファレンスのご案内> ご参加ください。

とき:2010年8月14日(土) 15時〜17時
ところ:北海道民医連会館 札幌市北区北14条西3丁目1−12
電話(代表):011-758-4596

総合医・家庭医・救急医を目指す若手が作る勉強会

主催者
勤医協中央病院総合医後期研修医 佐藤健太
手稲渓仁会病院家庭医療後期研修医 続木康伸


<第8回札幌GPカンファレンス(7/10)終了しました!>

医学生を含む11名の医師の参加で、札幌東徳洲会の立派な会場でカンファレン
スが行われました。
実演や、ロールプレーを交えた実践的な内容で講演が行われました。
@「レジデントにやってほしい整形外科外傷初期治療」札幌東徳洲会 松田知倫、
A「SNAPPS法」〜研修医の思考レベルを5分で診断〜 勤医協中央病院 佐藤健太
posted by I-cuber at 09:24 | イベント

[8/08 東京] ケニアのチャリティ・ライブイベント

――――――――――――――――――――――――――――――
 ケニアのチャリティ・ライブイベント
 〜アフリカへの思いを音楽に乗せて〜

 日時:2010年8月8日(日)13:00−15:00
 会場:アフリカ料理レストラン『カラバッシュ』(浜松町)
 主催:NPO法人HANDS
――――――――――――――――――――――――――――――
http://www.hands.or.jp/pagesj/00_whatsnew/kenya20100808.html

ケニア西部では、10人に1人の子どもが、
1歳の誕生日を迎える前に病気で亡くなっています。
お母さんが栄養に関する知識をもつこと。
家族からお母さんの子育てのサポートを行うこと。
このようなことを通じて、子どもたちの健康が守ることができます。

8月1日−7日は「世界母乳育児週間」。
多くの人々が子どもの栄養問題を、
特に母乳栄養という観点から考える期間です。
私たちNPO法人HANDSが活動するケリチョー県でも、
1000人以上の住民が地域で母乳育児の推進活動を予定しています。

このたび、HANDSの活動に共感してくださったアコースティックバンド、
『girasoul』によるライブをおとどけすると共に、
ケニアでの活動についてご報告します。
また、さまざまな形で私たちの活動を応援いただいている
ゲストもお迎えし、おいしいアフリカ料理をいただきながら、
楽しいひとときをおおくりします。

一人でも多くの方に、応援の輪に加わっていただけると嬉しいです。
ぜひお誘い合わせのうえ、ご参加ください。


■参加費:
  事前申込: 1,500円(1ドリンク付)+1,000円でランチ付き
  当日申込: 2,000円(1ドリンク付)+1,000円でランチ付き

 ※参加費のうち「500円」がケニア事業への寄付となります。
 ※ランチプレートのうち「50円」がケニア事業への寄付となります。

■出演:
  『girasoul(ジラソウル)』http://girasoul.jimdo.com/biography/
   2007年に結成。ボーカル、ギター、ジャンベ、3人のメンバーによる
   アコースティックバンド。年20回のライブをこなし、福祉施設や
   保育園での演奏活動もおこなう。

■内容詳細・申し込み:
  http://www.hands.or.jp/pagesj/00_whatsnew/kenya20100808.html


 ─────────────────────────────
 ■お問い合わせ先
 ─────────────────────────────
   特定非営利活動法人HANDS
   (担当: 奥田・網野)
   東京都文京区本郷3-20-7 山の手ビル2F
   TEL: 03-5805-8565 FAX: 03-5805-8667
   E-mail: kenya0808@hands.or.jp
   URL: http://www.hands.or.jp/
posted by I-cuber at 09:23 | イベント

2010年07月28日

[8/15- 山形] 医学生セミナー

庄内余目病院(山形県)では、第8回目となる医学生セミナーを開催します。
4年生、5年生が対象となっております。

8月15日に前夜祭(懇親会)を行い、16日からの4日間がセミナー本体となります。
第1回の医学生セミナーから発展的に受け継がれてきている、ハワイ大学医学部のClinical Case Simulationは、
4日間にわたり合計16時間の予定で、医学教育コンサルタントの齋藤中哉先生から、直接に指導を受けることができます。

(参考)
@「Clinical Case Simulationに参加して」(佐野正彦 氏 高知大学医学部(当時))
http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2006dir/n2694dir/n2694_02.htm
A 医学界新聞 連載「風邪診療を極める」(齋藤中哉先生)
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02833_07
B 庄内余目病院Website 医学生セミナーのページ
http://www.amarume-hp.jp/201_Igakusei/02_Seminar/Hawaii.html


以下、開催要項です:

【概要】
このプログラムは、庄内余目病院(厚生労働省臨床研修指定病院、日本病院機能評価認定取得、
日本プライマリ・ケア学会認定医研修施設)で行うPrimary Care実習に、ハワイ大学医学部方式による
Clinical Case Simulationを併せたジョイント・プログラムです。
見学に終始せず、積極的に医療に関わっていただきます。

【場所】庄内余目病院(山形県庄内町)

【対象】医学部 5年生・4年生

【定員】8名

【期間】2010年8月15日(日)夜〜19日(木)の5日間
ただし、15日はcheck inと懇親会のみ

【プログラムの概要】
(1)ベテランの指導医師と共に体験する外来診療、病棟診療、手術、検査、救急当直
(2)ハワイ大学医学部方式によるClinical Case Simulation
(3)特別企画
 @「ドクター・ブルー」 〜院内CPRを体験してみよう!〜
 A足の切断防止と褥瘡治療に特化した『創傷ケアセンター』見学&体験、実践型勉強会

【参加費】15,000円/4日間(テキスト代、懇親会費用などを含む)

【宿泊】宿泊施設、食事はこちらで準備します。交通費補助します。

【応募方法】
ご氏名およびご氏名の読み仮名、所属大学、学年、生年月日、性別、連絡先電子メールアドレスに、
簡単な自己紹介文および参加志望理由を添えて、電子メールにて、下記までお送りください。
申し込み多数の場合は、自己紹介文および参加志望理由により、選考を行うことがありますので、ご了承ください。


【お問い合わせ先】
臨床研修センター 五十嵐恵子 電子メール:kenshu@amarume-hp.jp
医療法人社団 山形愛心会 庄内余目病院
〒999-7782 山形県東田川郡庄内町松陽1-1-1
TEL 0234-43-3434 内線200
FAX 0234-43-3435
Website: http://www.amarume-hp.jp
posted by I-cuber at 10:30 | イベント

2010年07月27日

[8/07 東京] お母さんが小児科を救った

■第64回医療制度研究会講演会のお知らせ
http://icube.umin.jp/temp/seminar/20100807.pdf


日時:8月7日(土)午後4時〜6時(受付は午後3時30分〜)
場所:北里研究所病院3階セミナー室
http://www.kitasato-u.ac.jp/hokken-hp/hospital/access/img/Hiroo_Map.pdf

演題:お母さんが小児科を救った。−メディアから見た医療崩壊阻止の処方箋―
講師:足立智和氏(丹波新聞記者)
司会:本田宏氏(済生会栗橋病院副院長)

参加費:会員 ¥1,000円、非会員 ¥2,000円、学生研修医は無料。
申込みは、Webサイトの「申込み専用窓口」をご利用下さい。
http://www.iryoseido.com/

■「本田宏のツイッター」をWebサイトの「会員の広場」に作成しました。
是非ご利用頂けると有り難いです。自動的に常に更新されています。
posted by I-cuber at 17:04 | イベント

[9/12 福岡] jaih-s 総会ユースフォーラム 2010

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
参加者募集のお知らせ

jaih-s 総会ユースフォーラム 2010
『学生よ、今こそ問う、国際協力は必要か?』


- 元のメッセージを隠す -
開催日:2010年9月12日(日)10:00〜(開場9:30)
開催地:日本赤十字九州国際看護大学
URL:http://www.jaih-s.net
主催:日本国際保健医療学会学生部会(jaih-s)
共催:第25回日本国際保健医療学会学術大会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本国際保健医療学会学生部会(jaih-s)は、国際保健医療
分野に関心を持つ様々な分野の学生が集まった団体です。
国際保健医療分野の第一線でご活躍されている先生方のご協
力の下、ともに学びあう場、将来の国際保健医療を担う人材
育成の場となるべく、活動をしています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ■概要
┃ ■趣旨
┃ ■内容
┃ ■参加申し込み方法
┃ ■お問い合わせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


■概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□日時
9月12日(日)10:00〜18:30(9:30開場・受付開始)
□会場
日本赤十字九州国際看護大学
□会場アクセス
http://www.jrckicn.ac.jp/campus/campus-4.html
□定員 200名
□参加費 事前申し込み1,000円 当日1,200円 社会人2000円
□懇親会 ユースフォーラム終了後、懇親会を開きます(3000円程度)

■趣旨
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
jaih-s総会ユースフォーラムとは、1年に一度開かれる学生主体の
学生のためのイベントです。

どのようにこの世界に関わっていったらよいのかを模索している学生や、将来、
国際的な視野を持って活躍したいと考えている学生に対して、講演会や分科会に
よる学びや、学生同士の交流ができる機会を提供しています。

今年度のユースフォーラム2010 は、『様々な人との交流の中で、
自分なりの国際協力の意義や関わり方を見出し、将来の一歩へ繋げる。』
ことを目的として開催いたします。

現在、世界中で国際協力は行われています。自分が国際協力を行うことを
考える時、みなさんはどのようなことを考えますか?

今回、私達は様々な視点から、国際協力を考えて頂きたいと考えています。
そのために、私達は講演と6つの分科会を用意してお待ちしています。

特に今年は国際協力は本当に必要なのか、皆さんの気持ちの原点に立ち返って、
もう一度想いを再確認すると共に、大切な人と一緒に関わる国際協力のあり方を
考えてみます。

ユースフォーラムへの参加を通して、国際協力そして、自分を見つめ直してみませんか?

■内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
9:30〜10:00 開場。受付開始
10:00~10:30 Jaih-s総会・活動報告

10:30〜12:00 基調講演
【国際協力は必要か?〜日本と世界の国際保健の捉え方〜】
講師:元厚生労働省副大臣 武見敬三先生
政治家として日本、そして世界の保健にかかわれてきた武見先生の
目を通して、国際協力の必要性をもう一度考えてみませんか。

12:45〜13:55
【分科会1-A】世界と日本の保健医療〜保健システムについて考えよう!
東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学准教授 森臨太郎先生
保健システムが国際保健にどのように関わりがあるのか?日本と海外の
保健システムの違いは何か?という問いを出発点に分かったようで分からない
国際保健におけるシステムについて深い知見が得られること間違いなしです。

【分科会1-B】国際緊急援助 〜最も危険な地域で働くということ〜
大阪大学大学院人間科学研究科国際協力論教授 中村安秀先生
国際協力の中でも特に危険な地域で活動を行う「国際緊急援助」をテーマに
現在の緊急援助における問題点やこれからの緊急援助のあり方について考えます。
現場を経験されてきた先生の話が聞けるまたとないチャンスです。

14:10 〜15:30
【分科会2-A】拝啓、未来の私へ 〜私の国際協力青写真〜
システム科学コンサルタンツ株式会社保健医療本部次長 村松啓子先生
2種類の“プロフェッショナル”を講師に迎え、現在〜未来への橋渡しの“ヒント”を
ご教授頂きます。この機会に個人的な疑問・悩みを先生方にぶつけて、自分の将来を
考えてみませんか。

【分科会2-B】国際協力と私 〜自分に 大切な人に 目を向けよう〜
JOICEP人材養成グループプログラムマネージャー 浅村里紗先生
国際協力と自分の人生との両立の難しさは国際保健を志す誰もが不安に思ったことの
あるテーマだと思います。国際協力と自分の人生との両立をされている先生のお話から、
その実際や秘訣を聞いて、その不安の正体を知ってみましょう。

15:45~16:45
【分科会3-A】学生海外実習派遣報告会
jaih-sを通して、国内外のフィールドでの実習をされた学生の実習報告会です。これから、
実習を考えている方や、学生が実習で得た経験を知りたい方など、学生ならではの
学生目線の国際保健が聞ける会です。

【分科会3-B】九州やけんできるんばい! 〜地域発の国際協力〜
地域(九州)発の国際協力をテーマにJICAが行っている草の根技術協力事業をご紹介します。
生まれ育った地域を見つめ直し、地域社会の活性化にも結び付く国際保健の、
地域から世界へのアプローチを身近に感じていいただける機会となることでしょう。

17:00〜18:30 パネルディスカッション
「本当に国際協力は必要なのだろうか…?」
「世界の問題をもっと深く知りたい…!」
「将来どうやって国際保健に関わって行こうかな…?」
ステージとフロアで積極的なディスカッションを行い、感じた事や疑問に思った事を皆で共有しましょう。

18:45〜20:30 懇親会

※基調講演、各分科会、パネルディスカッションの内容
およびタイムスケジュールは、当日までに変更になる
場合があります。ご了承下さい。

◆第25回日本国際保健医療学会学術大会
本ユースフォーラムは、第25回日本国際保健医療学会学術大会
(9月11・12日開催)のサテライト企画として開催されます。
学術大会に加え、その他多数のサテライト企画も予定しております
ので、ご興味がございましたら、こちらも是非ご参加下さい。
http://www.jrckicn.ac.jp/jaih25/


■参加申し込み方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

参加をご希望される方は、以下URLの【申し込みフォーム】より
お申し込み下さい(参加費がお得になります!)

配布資料の準備や会場の都合のため、お早めの申し込みをお願い致します。

http://www.jaih-s.net/modules/eguide/event.php?eid=48

なお、申し込みができなかった場合でも、当日参加が
可能ですので、多くの方のご参加を心よりお待ちしています!

■注意事項
※自家用車での参加は出来ませんので、ご遠慮下さい。
※事前申し込みは定員に達し次第、締め切らせて頂きます。
※周囲にスーパー・コンビ二等がありませんので、事前申し込みの際にお弁当を
注文いただくか、購入の上ご参加下さい。

■事前宿泊のご案内

ビジネスホテル赤間ステーションホテルをご案内しています。
宿泊ご希望の方は、下の申し込みフォームよりお申し込み下さい。

【施設情報】
・赤間駅北口すぐ。(会場へはバス移動になります)
・1泊4870円
・ダブルルーム(相部屋となります)
・全室無線LAN完備
・チェックイン16時〜


■お問い合わせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご質問などあれば、jaih-s運営委員 担当・成田 明日香
sokai-reception☆jaih-s.net までご連絡ください!
(☆を小文字の@に直してお送りください)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
jaih-sの活動に関する質問やご意見も随時お待ちしております。
日本国際保健医療学会・学生部会窓口 info☆jaih-s.net
(☆を小文字の@に直してお送りください)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
jaih-sに関する詳細はこちらです。
学生部会ホームページ http://www.jaih-s.net/
学会ホームページ http://jaih.jp/
posted by I-cuber at 17:03 | イベント

2010年07月22日

[8/04 京都] 東西奇才大放談 〜生きがたき世に未来を語る〜 色平哲郎さん×神田浩史さん対談

「東西奇才大放談 〜生きがたき世に未来を語る〜 風のひと、土のひと」
    色平哲郎さん×神田浩史さん対談

【と き】:2010年8月4日(水)18:30〜20:30
【ところ】:ひと・まち交流館 京都第4会議室
     (京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1 )
【アクセス】:
       市バス4,17,205号系統「河原町正面」下車
        または
       京阪電車・七条駅下車 徒歩8分
       地下鉄烏丸線・五条駅下車 徒歩10分
【地図】:http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html
【参加費】:無料(広報費カンパをお願いいたします)
posted by I-cuber at 15:46 | イベント

[8/7 東京] プライマリケア認定薬剤師レジデンシープログラム中間発表

プライマリケア認定薬剤師レジデンシープログラム中間発表

日時:平成22年8月7日 15:00〜17:15
会場:東京都豊島区南大塚2-33-10 ラパスビル3階(会議室)
プログラム
15:00〜15:15 研修計画概要説明
ひまわり薬局浮間店  戸田 芳美
15:15〜16:05 プライマリケア認定薬剤師レジデンシープログラム中間発表
ひまわり企画 薬剤師 大庭 貴子
(ポートフォリオ発表30分、交流20分)
16:05〜16:10 休憩
16:10〜17:00 講演『今後の薬剤師に期待する事』
講師:砧薬剤師会会長
日本医療薬学会認定薬剤師
薬学博士  磯崎 貞夫
(講演30分、ディスカッション20分)
17:00〜17:15 本日のまとめ
日本生協連医療部会家庭医療学開発センター長
医師 藤沼 康樹
posted by I-cuber at 15:45 | イベント

2010年07月20日

[8/01 愛知] がん患者支援プログラム支援フォーラム

がん患者支援プログラム支援フォーラム
8月1日

詳細はこちら。

http://icube.umin.jp/temp/seminar/100801.pdf
posted by I-cuber at 09:30 | イベント

[7/30 佐久] 第50回 農村医学夏期大学講座

佐久総合病院で毎年行われている
農村医学夏期大学
http://www.valley.ne.jp/~sakuchp/gyouji/daigaku/summer10/summer10.htm
が今月末開催されます。

今年は第50回であり、若月生誕100周年でもあり、内容は充実しています。
遠いですが、ぜひ参加ください。
posted by I-cuber at 09:29 | イベント

2010年07月16日

[8/21- カンボジア] カンボジアの農村で母子の健康を守る取り組みをじっくり見てみよう!シェア・スタディツアー

(以下転送です)----------------------------------------------

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

★シェアカンボジア:スタディ・ツアー2010
「」

◎日程:2010年8月21日〜8月28日(6泊8日)
◎参加費用:19万5000円(予定)
◎申し込み締め切り 6月30日(水)*定員に達し次第募集終了
 詳細は以下をご覧ください。
     http://share.or.jp/event/index.html#tour
◎申し込み・お問い合わせ シェア東京事務局(担当;山瀬)
             TEL 03-5807-7581
             Mail:info@share.or.jp
posted by I-cuber at 08:56 | イベント

2010年07月15日

[7/25 仙台] 家庭・保育園・幼稚園・地域・企業…、みんなで育む子どもの未来

(以下転送です)----------------------------------------------


【これからの子育ち・子育て支援
 〜家庭・保育園・幼稚園・地域・企業…、みんなで育む子どもの未来〜】
     ★子連れのご参加OK!託児も相談に応じます★

 核家族化や地域の人間関係の希薄化により子育ち・子育てに関わる人の減
少や、少子化による子育ち・子育て仲間の減少、不安定な雇用や低所得によ
る経済的な不安など、子育て家庭を取り巻く環境は厳しい状況です。
 今後の国の子育ち・子育て支援の方向を伺いながら、「子どもが育つ社会
づくり」を家庭や保育園、幼稚園、児童養護施設、児童相談所、地域、企業
などが一緒に考えてみませんか。

●開催日:2010年7月25日(日) 13:00〜15:00
     13:00〜14:00講演
     14:10〜15:00ディスカッション/保育所職員・保護者ほか
●会場:仙台青葉カルチャーセンター4階 403
    (宮城県仙台市青葉区一番町2-3-10 ブラザー仙台ビル6階)
●定員:80人
●参加費:500円(当日お持ちください)
●対象:保護者、保育士、幼稚園教諭、児童養護施設職員、児童相談所職員、行政
    関係者、民生・児童委員、 企業の両立支援・子育て支援担当者、その他
    関心をお持ちの方。
●内容:講師
     厚生労働省大臣官房審議官(雇用均等・児童家庭、少子化対策担当)香取照幸さん

●主催:特定非営利活動法人全国コミュニティライフサポートセンター(CLC)
●お問い合わせ先:特定非営利活動法人全国コミュニティライフサポートセンター(CLC)
                                  担当:大泉
         〒981-0932 宮城県仙台市青葉区木町16-30 シンエイ木町ビル1階 (CLC内)
         TEL:022-727-8730  FAX:022-727-8737
●詳細:http://www.clc-japan.com/event/event.cgi?mode=details&num=415
posted by I-cuber at 10:02 | イベント

[8/07 神戸] 膠原病サマーセミナーin KOBE

(以下転送です)----------------------------------------------

膠原病サマーセミナーin KOBE
日程: 平成22年8月7日(土) 14時30分開始
場所: 六甲山ホテル
神戸市灘区南六甲1034 TEL: 078-891-0473
会費: 1,000円(研修医、学生は無料)

<スケジュール>
セッション1 膠原病と鑑別を要する疾患を学ぶ 14:40〜15:40
「膠原病に認める皮膚病変をどう鑑別するか(仮題)」
神戸大学大学院医学研究科皮膚科山田陽三先生
「感染症内科から診た膠原病 〜膠原病と鑑別が困難な感染症〜(仮題)」
神戸大学大学院医学研究科感染症内科学大場雄一郎先生

セッション2 臨床に必要な免疫学 15:45〜 16:45
「膠原病の臨床における鑑別困難な症例を振り返る」
神戸大学大学院医学研究科免疫内科学笠木伸平先生
「臨床に役立つ基礎免疫の知識」
神戸大学大学院医学研究科免疫内科学三枝淳先生

特別講演 17:00〜18:00
「膠原病を見落とさないために」
演者:聖路加国際病院アレルギー膠原病科岡田 正人先生

*取得可能単位:日本リウマチ学会(1単位)日本リウマチ財団(1単位)
*会終了後に懇親の場を設けております。(18:00〜20:00)
*会終了後に帰りのバスも手配予定です。ご希望の方はお問い合わせください。
*お問い合わせ
神戸大学大学院 医学研究科 免疫・感染内科学分野 笠木伸平
Tel & fax 078-382-6197
e-mail kobe470@med.kobe-u.ac.jp
posted by I-cuber at 09:48 | イベント

2010年07月14日

[8/21 東京] 第8回JSEPTICセミナー

(以下転送です)----------------------------------------------

第8回JSEPTICセミナーを下記の概要で開催します。
平成22年6月21日(月)より本ホームページ上の受付フォームにてお申し込みく
ださい。
定員(150 名)になり次第、締め切らせて頂きます。

         記
平成22年8月21日(土)13:00 〜 18:00
メインテーマ:重症感染症
会場:TKP 代々木ビジネスセンター2 号館 ホール25A


【JSEPTICホームページ】
http://www.jseptic.com/

【JSEPTICホームページ/セミナー詳細ページ】
http://www.jseptic.com/index_in.php
posted by I-cuber at 09:17 | イベント

[7/30 東京・飯田橋] 第17回アジアパシフィック医療改革フォーラム講演会

(以下転送です)----------------------------------------------


【第17回アジアパシフィック医療改革フォーラム講演会のご案内】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●演題:新技術を新しい医療にするには?
●講師:平田 史明(ひらた ふみあき)氏
(株式会社理研セルテック 代表取締役)
●講演概要
 幹細胞研究、再生医療研究で有名な神戸の理化学研究所、再生
発生科学総合研究所発ベンチャーである理研セルテックの代表取
締役平田史明氏をお招きして、新技術を新しい医療へつなげてい
くかというテーマでお話しいただきます。
 中長期テーマの再生医療関連の研究開発に関して、世界的な現
状と今後の展望を述べて頂くとともに、短期テーマのバイオメト
リクス(生体情報認識技術)関連の事業開発案件をご紹介いただ
きます。二つのテーマに対してどのようなアプローチで新しい技
術を新しくかつ海外競争力のある医療サービス、ヘルスケア・サ
ービスにまとめ上げていこうとしているかをお話いただく予定で
す。
 また参加者との活発な意見交換を講師が希望されているので、
質疑応答の時間を長めにお取りしております。「新技術と新医療
とのギャップをどう埋めるか」についての気軽で真剣なフリーデ
ィスカッションにできたらと思っております。是非奮ってご参加
ください。

●講師略歴
1961年6月 鹿児島県生まれ。京都大学法学部卒業後、
(株)日本興業銀行、ルビコンクロス(有)、
(株)Cell Force社長を経て、2008年12月から現職。
●日時:2010 年7月30日(金)
●スケジュール:
18時30分〜 受付開始
19時00分〜19時10分 開会挨拶/講師紹介
19時10分〜20時00分 平田氏ご講演
20時00分〜20時30分 質疑応答
21時00分〜 懇親会
●場所:東京理科大学森戸記念館第1フォーラム
東京都新宿区神楽坂4-2-2
JR総武線、地下鉄有楽町線、東西線、南北線 飯田橋駅下車
徒歩5分  大江戸線 飯田橋駅下車 徒歩10分
http://www.tus.ac.jp/info/access/kagcamp.html
(注:リンクにある地図の左上、飯田橋から神楽坂を登って、
毘沙門天の入り口を左手に見て右に入る路地の奥です。)
●会費:社会人1000円、学生500円(懇親会別途 4000円程度)
●参加申し込みフォーム http://tinyurl.com/23gnol
●主催:アジアパシフィック医療改革フォーラム
(代表 井手祐二)
●共催:東京理科大学国際化推進センター
posted by I-cuber at 09:16 | イベント

2010年07月13日

[7/26 東京] こころを動かす病院広報

(以下転送です)----------------------------------------------

+----------------------------------------------------------------+
■第6回東京ヘルスケア研究会  2010年7月26日(月)開催
+----------------------------------------------------------------+
【講 師】 山田 隆司 先生
     社会医療法人敬和会 大分岡病院 広報・マーケティング部長
     NPO法人メディカル・コンソーシアム・ネットワーク・グループ
     代表理事
【テーマ】「こころを動かす病院広報」〜脳科学で病院広報は変わる〜
・ホームページで満足するな!!
・まだまだ出来る病院広報!!
・脳科学で病院広報は変わる!!
*病院広報誌、クロスメディアを組み込んだ広報
     マーケティングの手法やこころを動かすための脳科学などを
     織り込んで講演

【日 時】2010年7月26日(月)
    開催時間18:30〜20:30 (終了後自由参加の懇親会あり)

【会 場】虎ノ門とらトピア・港区虎ノ門健康福祉館 2階会議室
   (東京都港区虎ノ門1-21-10、電話03-3539-2941)

【費 用】医療機関&個人3,000円/1名 企業派遣5,000円/1名

【対 象】医療機関・介護福祉施設・医療関連企業の皆様

【申 込】日本医学出版HP http://www.jmps.co.jp よりお申し込みください。

【問合先(主催者)】 日本医学出版  info@jmps.co.jp

【講師紹介】1955年 東京生まれ
東京医学技術専門学校 臨床検査科卒業。
国家公務員共済組合連合会虎ノ門病院 臨床検査部、
三光純薬株式会社開発部・営業学術部などを経て、
亀田総合病院幕張クリニック開設準備室長、事務長、
幕張事業部管理部長、会員制医療クラブフ・ランクスメディカルクラブ
本部長など歴任。2006年4月1日より現職。
多摩大学統合リスクマネジメント研究所 医療リスクマネジメントセンター
シニアフェロー
著書:「DPC時代の病院経営を検証する」
メディカルコンソーシアム・ネットワークグループ(山田隆司)編集
日本医学出版 2008年
「病院におけるサービスマネジメント」(編集)
日本医学出版:2010年12月発刊予定
posted by I-cuber at 09:18 | イベント